左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

1月29日(水曜日 晴れ) 【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】

休み。
先週の土曜日みたいに午前中いっぱい起きられないという事は全然なかった。

洗濯して、ブログを書いて、買い物に行って、やっとチラシが着たのでチラシ配りに行った。今日暖かい...。
チラシはまとめて二日分配った。久々で、なかなかの配り応えが...。


ジム・ジャームッシュの『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を観に吉祥寺へ。

a0036513_8282138.jpg
吉祥寺は余り知らない街。
大きいヨドバシがあって驚いた。あと、あちこちに若者向けなオサレっぽいインテリアのお店が。


バウスシアターという映画館は初めて行ったが、やってる映画はどれも面白そう。しかも、レディースデーの水曜日は、レディースのみならず男性も1000円である。
ただ座席の傾斜が殆どないため、自分の前の列の画面中央寄りに人が座ると、字幕がすごく見にくい。これだけはいただけない。

隣に私より少し年上くらいの女性が二人座ってわいわい話していたのだが、片方の人が不意に「私この間急性アル中で運ばれたじゃーん!あれでも1日3万かかっちゃったから働かないと!」と言い出し、「A子もたいがい飲んでるらしいよ」「でも昼間は絶対飲まないんだって」「それはいいことだわ!」みたいな会話をしてて、すごい聞き入ってしまった。そしてちょっとその話の仲間に入れて欲しくなった。

しかし私の飲む回数は、週に1回か多くて2回よ。その代わり飲むべき場所じゃないところで飲みたくないのに飲んでることと、痛飲しがちというのが病的なところ。


ジム・ジャームッシュの映画は、初めて観た。
有名な監督なのに、何故か今まで縁がなかったのだ。

ストーリーは特にないっちゃないけど映像がすごく綺麗で、吸血鬼モノで恋人モノという設定の割に、ギラギラ(性的な意味で)してないのが良かった。ああいう系(『乾き』とか『ナチュラルボーンキラーズ』みたいなの)って、昔好きだったのに年取ったせいか最近げんなりするんだよな。

私、この監督結構好きだと思う。深夜に部屋でまったり流し観したい感じ。
これ観たらモロッコ行きたくなるよなー。ただモロッコの見方は割と表層的な感じで、この映画をモロッコ人が観るとちょっと可笑しいんじゃないかという疑念はある。

アーティストであるヴァンパイアの主人公が才能ある若者に対して言う「有名になるには惜しい才能だ」という台詞は、売れてる業界人であるジャームッシュがそれを言わせてるところから色々見えてくる。
[PR]
by gisouchir | 2014-01-29 08:23 | 映画感想含日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite