左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

2月6日(木曜日 晴れ)、7日(金曜日 晴れ) 【お仕事/EL BARCO/倒れる/江戸半】

【6日】

晴れているのに寒い!
お仕事へ。

a0036513_178925.jpg
お昼は、EL BARCOというスペイン料理屋さんに入ってみた。
今月の4日から、休止していたランチを再開したらしく大通り沿いにフライヤーが吊るしてあって気になっていたのだ。

a0036513_23165725.jpg
チキンソテーのクリームソース、全部込みで900円なり(ここコスパも凄いなあ)。日替わりとか10色限定パエリアとか色々ある。

ここ美味しかった!
自分でソテー焼くときソースとかあんまり作らないから、下味とソースの塩分のバランスってこういう感じだと美味しいのかあ、と勉強になった。

a0036513_1757370.jpg
お店は完全に夜仕様な雰囲気だけどアンティークで可愛らしくて私好みだし、店員さんも味のあるおじさんがいて良い感じ。「食べるの速い!」と驚かれてしまった。
ここは絶対今度夫と夜来る。


【7日】

朝、電車を降りた瞬間に倒れた。
人生初の失神だ。

電車の中でドア際に立っていたら突然気分が悪くなり、頭や顔からザーッと血が引くような感じがした。
ちょうど六本木に着いて降りて数歩歩くうちにみるみる意識が遠くなって、何人かの人が「大丈夫ですか!?」と声をかけてくれたが、妙に遠くから聞こえる感じで応えることもできず。
柱に手を着いたところで意識が飛んで、眠りから覚めるように目が覚めたらいつの間にかその場で倒れていて、周りに駅員さんが二人来て居て変わった形の電話で救護を呼ばれかけてた。

倒れたまま手に持ってた携帯の時刻をチラリと見たらほとんど時間は経ってなくて、まだ仕事に遅刻しないで済みそうだったので駅員さんに大丈夫な旨とお礼を告げてフラフラとその場を立ち去った。

が、朦朧としながら地上まで行った頃に、自分がバッグを持ってないことに気付き、慌ててホームに戻ったら、駅員さんが荷物を持って待っていてくれた。す、すみません。しかし何故去る時渡してくれなかったのだろうw

意外と回復が早くて、その後はほとんど普通に歩いて会社まで行けたが、作業を開始しようとしたらやはりまだ気分が悪くて、結局一時間休ませてもらった。

旅行中や一定量以上のバイトをしたときに必ずと言っていいほど大きな不調に見舞われるのは、やはり環境の変化への順応力が低すぎるのだろうか?しかし、今回の仕事は本当にストレスを殆ど感じていないのだが。


お昼には、なんら問題ないくらいに元気になっていた。本当にいったいなんだったのだろう。貧血になるような食生活もしてないしなあ。

そして。一昨々日行ったVIGOREのふたつ隣にある江戸半という寿司屋に行ってみた。
店内のメニュー表の値段が店外のものと違うのだが、店外のもの(10バーセント安いほう)が正解。

a0036513_17142212.jpg
たった一週間だけど、ランチを食べてみて、六本木でランチをやってるお店の店員さんたちは意外にも気さくだと感じている。ここの板前さんも少しお話したが優しいおじさんだった。
この二日間のランチはは当たり続きで美味しかった。幸せ\(^o^)/本日も900円なり。


もうあと一回でバイト終わり。
今回のバイト先も本当に良いところで、多分入力っていう比較的得意な内容だったこともあって楽しくできた。

前のところも満了は出来たが、仕事内容が得意ではなかったので、ちょっと自信が持てなかったのだ。
次のステップ的には、入力に関して資格とか持つともう少し時給の高い仕事が狙えるのではないかとは思う。それか、また違った専門的な知識を身に付けるか。電話取れればまた職場の選択肢が広がるが、それはハードル高いな(でも電話取らない正社員とか聞いたこと無いな、結婚してたら当面正社員になる気はないが)。

しかし、これくらい出来れば私はまあだいぶ満足だ。
生まれて初めてちゃんと働けた気がする、嬉しい。
[PR]
by gisouchir | 2014-02-07 23:19

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite