左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:バンコク滞在中日記( 198 )

11月29日 【最終日。トースタンとマイちゃんに会い、ミティに送ってもらった】

最終日。

30日の午前12:30の便に乗る予定だったのだが、それがすなわち29日の深夜だと言うことには、27日まで気付いてなかった。

一度気付くと、「どこの誰が間違えるのだ!」っていう話である。自分の脳味噌がオソロシイ。ギリで気付いてほんとよかった。

29日をオフにして30日に帰るつもりだったので、ちょっと予定も繰り上がって詰まってしまい疲れ切っていた。

しかし、今回まだ美味しいバミーナーム(タイ風ラーメン)を食べてないことに気付き、わざわざアソークまで行き、ターミナル21横のソイ(ソイ15)入ってすぐ右手の人気のアヒルラーメン屋へ。

a0036513_20295234.jpg
見た通りちょっと味濃いけど美味しかった!もっと食べたい\(^o^)/

私はフードコートの雰囲気を余り好まないのだが、ターミナル21のフードコートだけはすごく美味しそうだといつも思う。いつも結局屋台を選んでしまうが、一回くらい行っておくんだった。


トースタンとマイちゃん(在タイドイツ人とタイ人のカップル)に会ってる間はまだ疲れでグッタリだった。

アパートをチェックアウトして彼らの家にお邪魔したのだが、ちょっと飲んで体調を誤魔化してしまうのもこれからの旅程を考えると危ないので、我慢して素面でダラダラ。
サムイ島のフルムーンパーティーの写真とか見せてもらった。スゴイ楽しそう。フルムーンパーティーは若者しかいないイメージがあるが、実際40代のトースタンも楽しめるらしいし(マイちゃん10代だしなあ)、私も一回は行ってみたい。

トースタンが「友達も一回ウチ来ればイイジャン!マイがタイ語で電話して彼にそう伝えてくれるよ」と言ってくれたのだが、トースタンにはミティが警官だと言っておらず、その辺であんまり色々いい予感がしなかったのでご遠慮。

10時近くなったので、マイちゃんとハグハグしてトースタンに荷物を持つのを手伝ってもらい、再びアパートの前に戻ってミティと待ち合わせ。
ああ、トースタンとマイちゃんの写真撮りそびれた!滅多に会えないのに。


ミティには車で空港まで送っていただくことになっていたのだが、なな何故か警官の制服で来ている上に、これからもう一人バイクの警官が来て先導して(他の車を退けて走って)くれるという。

「ほんとは二人呼んだんだけど...」って、ミティ一人で十分だよー!
しかも渋滞タイムでもないから(渋滞タイムに退いてもらうほうがもっと悪いが)、普通に走っても全然間に合うし。

a0036513_20113970.jpg
タイの警察の制服はこんな感じ。

a0036513_20125571.jpg
ひぇぇ、緊急車両みたいに通行させていただいてます。

ちょっと...本当に申し訳なかったので書いていいのか迷ったんですが、タイでは一応民間の人でもお金を払えば利用出来るシステムだと言うことなのでまあいいかと。ミティは仕事終わりの部下に頼んでるけど(T_T)

a0036513_20153531.jpg
ものすごくあっという間に、スワンナプーム空港に到着。

チェックインを済ませ、どういう話なのか分からないが、私もミティと共に別の手荷物チェックの入り口に連れて行かれた。CAとかが入る並ばないところ。ペットボトルの水を持ってたが、X線検査は通すものの全くノーチェックで驚いた。
ミティは搭乗しなくてもひとこと言えば自由に行き来できる模様。

a0036513_20192095.jpg
パスポートコントロールも通ってしまったので、共に喫茶店でお茶を。私もビール解禁。

結局、搭乗口まで入って来ることが出来たので、そこでしばらく話をしていると、瞬く間に搭乗の時間に。
いつも思うのだが、2時間くらい前にチェックインしてから離陸までって、やること少ないのにあっと言う間だ。

な、なんかなかなか無い経験をさせていただいた。お気持ちが有り難い。
3週間は、とにかくあっという間だった。また2年位したら来られるといいなあ。
[PR]
by gisouchir | 2013-11-30 16:36 | バンコク滞在中日記

11月28日 【ルブアチェックアウト、フォンちゃんニンちゃんと韓国系タイ人の男の子とご飯】

朝起きると、今日もいい天気。

a0036513_19535119.jpg
リバービューだ♪

a0036513_195437100.jpg
朝ごはん付きだったので、食堂へ。

a0036513_19554661.jpg
寿司のようなものがある。

テケトーに食べた。写真撮り忘れた。

a0036513_19561660.jpg
部屋に帰ったら、ドアノブにちゃんと日本語の新聞が下がっててびっくりした。
新聞って、生まれてこのかた一度もちゃんと読んだことないんだよなあ。

a0036513_19562052.jpg
することも無いので、早めにチェックアウト。

勝手にタクシーを呼ばれてしまったので、素直に乗ってみた。
サパーンタクシンからオンヌットまで(10キロ弱)行っても、やはりさほど高くない。200B(およそ600円)行かなかったと思う。

a0036513_19565539.jpg
今回の滞在中に食べるチャンスはおそらく最後であろう、大好きなガイヤーンを買った。腿肉も美味しいけど、胸肉も美味しいな。

でも、この美味しそうな焦げ目が人間の老化にすごく影響するらしいという記事を読んで以来、普段はなるべく煮たり蒸したりしてる(旅行中は好き放題)。


アパートに戻って一息付き、フォンちゃんに夕方遊びに行ってもいいか聞いてみた。
OKだったので、フォンちゃんのお店へ。

a0036513_19573239.jpg
隣のお店のジョイちゃん。ジョイちゃん美人!

a0036513_1958857.jpg
ニンちゃんと、韓国系タイ人の男の子も居た。

フォンちゃん、ニンちゃん、男の子とご飯に行くことになり、フォンちゃんはニンちゃんと、私は韓国系タイ人の男の子のバイクの後ろに乗せてもらって後で合流した。

a0036513_19582887.jpg
バイクの後ろに乗るの、やっぱりすごい怖い!命がけで一枚。

a0036513_1959222.jpg
こういう地元の人じゃなきゃ知らないようなお店来るのが一番楽しい!道が難しいことが多いから、一人じゃ二度と来られないのだが。

ニンちゃんは、最初今日はデートだと言っていたのに、今日でしばしのお別れになりそうだからとデートをキャンセルしてこっちに来てくれた。なんて優しいの!

私はお店が終わるのを待ちながらビールを飲み始めちゃったので(今日も脱毛してもらっちゃった)、ちょっと酔っ払ってて記憶が飛び飛び。

ついでに、写真も撮り忘れて全然なし!
でもたーのしかった!!

a0036513_20085.jpg
この後、フォンちゃんから大きな瓶に入った蜂蜜を1本もらった。
こ、これは一生分あるよ(と言うかまさに一升瓶)!
[PR]
by gisouchir | 2013-11-29 00:28 | バンコク滞在中日記

11月25日(日曜日) 【病院へ行ってから、フォンちゃんに会いに】

a0036513_1115660.jpg
モヤッているが、綺麗な夜明け。

今日は病院ラスト。
最後に先生に診てもらってOKなら、後は自分で消毒をして抗生物質を飲めば大丈夫とのこと。

a0036513_0544145.jpg
(この日はカメラを忘れたのでiPhoneで撮影。)

幸い何のトラブルもなく、通院は終わり。
病院ウォッチングは楽しかったものの、結構な時間のロスになってしまったなあ。
しかし、私はバンコクでこれと言って行きたい所もなく、ただ異国での生活を楽しんでいるだけなので、おおよそマイペンライ。欲を言えば、もう少しローカルなエリアをウロウロするのに時間を使いたかったというくらい。

a0036513_057420.jpg
そして、またまた大好きなナ・アルーンへ。
色々食べたいのだが、ここのグリーンカレーを食べずに帰国は出来ないので、今日もカレーを。

a0036513_0575922.jpg
3時前に来れば、テーブルクロスないんだな。あのクロスがどうしても気に入らん。
どうでもいいことだろうけど、私にとっては重要!

a0036513_101277.jpg
壁掛けのライトも可愛い。

a0036513_105654.jpg
ここ住みたい...。

a0036513_114237.jpg
同じ写真しつこく撮ってすみません。

3時前後に行くと、人居ないから写真撮ってても邪魔にならないのがまたいい。ここはアイドリングタイムないから。

a0036513_133351.jpg
が、しかしサーモンのディップの味が昨日と違うw
まあいいや。私は味より雰囲気重視派。

a0036513_161619.jpg
フォンちゃん達のお店の隣のジョイちゃん、18歳!!もう子供もいるのだ。

今日は少し疲れてたのでパパッと撤収。フォンちゃん達の写真撮るの忘れたー!
[PR]
by gisouchir | 2013-11-27 00:32 | バンコク滞在中日記

11月23日(日曜日) 【ミティとご飯】

今日も、バムルンラード病院で、消毒。

自分でできる程度のことなのだが、タイの衛生状態へは不安があり、同時に看護婦さんの丁寧な処置に安心できるので行っている。

a0036513_7175135.jpg
ホントに何故か、日本仕様。
池もいつも綺麗に清掃されている。
この病院好きすぎて、安楽死できるなら、もうしたい。
最近、子供を産めないなら、長く生きてても余り仕方ないと思うようになっている。
子供を産むということは、ある意味死なない(遺伝子的に)ということなので、それならそれに力を注げると思うのだが、夫が反対している。

a0036513_7361674.jpg
バムルンのある最寄り駅の近くには廃線があり、そこには住んでる人がたくさんいる。ノスタルジック。何故わざわざ線路沿いに家を建てようと思ったのか不思議だ。


その後、アソーク(駅名)のターミナル21(デパート名)でミティと待ち合わせ、合流してラマ9(道路名)のBig C(大手スーパー)でしゃぶしゃぶと寿司のビュッフェを食べた。

ミティは仕事帰りでショットガンを持っていて、デパートで警備員に止められていた(タイのデパートとかホテルの一部は持ち物検査がある)。

a0036513_7372643.jpg
しゃぶしゃぶの具が、回転寿司的に回ってくる。

ミティは、そもそもフォンちゃんの以前の勤め先であった軍の射撃場で知り合った人で、警察のエライ人である。
面白く、気のいい優しい人だ。

a0036513_7244216.jpg
ご飯を食べていたら、昔近い部署にいたという人がやってきて、少し話をした。

この人の別れた奥さんは日本人なので、彼は日本語がペラペラ!日泰カップルって結構いるよ。ヌンちゃんの元旦那さんも現恋人も日本人だし、以前お世話になったガイドをやってる日本人女性もタイの旦那さんを持っていた。

そう言えば、タイでは空港からホテルまで行くのに、VIPな人たちは先導するバイクを雇って渋滞をすり抜けるのだが、私を通してミティに頼むとその料金が6000→2000バーツになるそうなので、誰か使いたいという人がいれば言ってください。

渋滞をすり抜けてどうってこともないのですが、普通は芸能人とか王族がやるので、何となく注目されて記念になる的なものです。

今日、私は何故かミティにドラッグの使用を疑われ、なんと居ない間にバッグの中を空けられていた。
ミティは単に心配と好奇で見ていたのだが、私はそれに怒ってファビョり、しばし困った雰囲気に。
ミティは謝ってくれたのでもう怒ってないが、タイ人は人との距離が本当にボーダーない。ちなみに、ミティはもしドラッグを発見しても私を逮捕しないと思う。前に「なんかで捕まったら連絡してくれれば釈放するようにする」と言ってくれてたので。

しかし水のペットボトルの中身まであけて匂いをかがれていたのにはビックリ。
そこには、まさにウォッカが入っていたのだ...。警察の勘恐るべし。

しかし何故かその一件で私は「なんかもー別に隠してどうこうしなくていっかあ」という気分になり、何となく前より気が楽になった。

今日も一日楽しかった。
[PR]
by gisouchir | 2013-11-25 19:37 | バンコク滞在中日記

11月21日 【バムルンラード病院へ二度行き、トースタンとその彼女に会う】

胃は少し良くなってものすごく辛いという訳でもないが、この調子では人と会う(≒酒を飲む)予定を全然入れられないので、朝一番に病院へ行った。

4時に起きて、6時までに支度して、7時前に病院。この時間だと渋滞が始まってなくて車移動がスムーズ。結構遠いのだが250円くらいで行けた。バンコクのタクシーは安い!

a0036513_2585674.jpg
バムルンラード病院、めっちゃ広くて綺麗。新館は16階くらいまである。

しかも内科には日本人の女性医師が居て、たまたまその先生に当たった。ラッキー!!
その先生は、リラックスした雰囲気で優しかった。看護婦さんや各部署の人もみんな親切。international hospitalなので外来はどの部署の人も英語が出来る。良いなあ、この病院。

a0036513_2581938.jpg
何故か和風のデザインで、屋内の池には鯉が!

診察(日本人だったので日本語通じた!)の結果、原因はわからないが胃酸過多か逆流性食道炎だろうということで、薬をもらった。
蕁麻疹が出ているほうが心配だと言われ、プツプツしたのが出てきたら帯状疱疹の恐れがあるからすぐ来るようにと言われた。


a0036513_351550.jpg
薬も即飲み、だいぶ良くなってきたので、すぐ近くの大好きなナ・アルーンというレストランへ。
そもそも、バムルンを知っていたのは、このレストランに何度も行っていたからだ。

a0036513_354413.jpg
相変わらず、可愛い。

が、しかし中に通されてからまだモーニングしかやっていないと知る。
モーニングはいまいち気が乗らず、またの機会に来ることに。


a0036513_383363.jpg
近くの屋台村のようなところで、グリーンカレー(?)を。
このおばちゃん、優しかった。

a0036513_3103178.jpg
豚足ご飯も美味しそう。

a0036513_3112886.jpg
このカレー、見た目の感じよりとても美味しかった!
冬瓜だらけだから、カロリーも低そう。
しかしこれまた見た目によらずかなりスパイシーで、途中で「何で胃が悪くて病院行ってるのにカレー頼んだんだろう...」と悩んでしまった。


一度家に帰り、パスポートを置いてからMBKというとにかく色んな物が置いてある巨大なショッピングセンターに、シムフリーのiPhone4Sを見に行くことにした。海外購入の5のシムフリーには色々問題があるし、4Sならもう35000円くらいらしいので、4S。

電車の切符を買ってエスカレーターを昇っていたとき、超ロングのスカートの裾を踏んでしまいエスカレーターで転倒した。

なんと、脛にザックリ3本の切り傷を負ってしまった。
素面でこんな怪我をするなんて!

感覚的に骨などにはダメージはないが、傷が結構深く、残念ながら病院へ逆戻りとなった。


病院の外科の先生はタイ人で、かなりのイケメンであった。この病院ホント良いなあ。
ろくな目に遭ってないのに、何故か気分は上々だ。

しかし怪我は思ったよりひどく、1本の傷につき2針くらい縫わないと直りが遅くなったり傷が開いたりするかもしれないと言われた。
胃痛よりこっちのほうが大事扱いであった。大事扱いというか、大事なのか(笑)。

しかし脛を縫うなんて怖すぎる。こんなところ、皮膚の余裕ないじゃん。
全力で拒否してなんとか縫わずに済んだが、タイだと暑いからショートパンツとか穿いてるのに、もう穿けなくなってしまう。
年齢的な問題でタイに居るときくらいしか穿いていなかったが、この傷跡は絶対残りそうなので、私の人生から生足のミニ丈が完全消滅した。結構悲しい。

ついでに破傷風(多分)の注射も打たれた。看護婦さんいわく、タイではまだ必要らしい。


ロイカトーンとその前後に島のフルムーンパーティーに行っていたトースタンとその彼女が帰ってきたので、会いに行った。彼らは最近一緒に住み始めたのだ。
ちなみに、彼らと私は最寄り駅が同じで、駅を挟んで逆方向に5分ずつくらいの位置に住んでいる。

トースタンは、以前白人が好きなだけの派手で薬をやるようなタイプの女の子と付き合っていて振り回されてはげっそりしていたのだが、今度の彼女はすっごくイイ子だ。どこで知り合ったんだろう。

彼女と付き合い始めてから、本当に落ち着いて幸せそうなのが伝わってきていたので、私もすごく嬉しい。
私はもっと早くから彼にはこういう子が良いって知ってたのに、気付くの遅いんだよ!

a0036513_3402728.jpg
しかし彼女のマイちゃん、まだ18歳だ。トースタンは43、ダブルスコア越えは犯罪過ぎるw

a0036513_34334.jpg
マイちゃんは自然で明るくてほんっといい子。

a0036513_3445326.jpg
この後、皆でウチへ移動。もうしばし一緒に話しをした。

すごく楽しかった!
今日、タイ来て一番楽しかったかも。
二人がずっと上手くいくと良いなあ。

ところで、トースタンに足の怪我のことを話して、「素面だったのに何でこんな事になったのか」と言ったら、「酔ってないときの失敗って原因が分からないから、ずっと何でだろうって考える事になって性質悪いよねw」と言われてすごく納得してしまった。ホントそう!


ところで、タイで若干引き上げた英語力が、一年半の間にダダ落ちしてるのを実感したのはちょっと悲しかった。トースタンの上手な英語、わっかんね~!
[PR]
by gisouchir | 2013-11-23 03:16 | バンコク滞在中日記

11月19日(火曜日) 【アジアティークへ行った】

アジアティーク、3度目の挑戦でやっと辿り着くことができた。

ここは2012年4月に私が帰国したまさに直後、オープンしたショッピングとレストラン中心のナイトアミューズメントスポットだ。なんとなく、水辺だし新しくてお台場っぽいところ。

午後4時を過ぎると、BTSサパーンタクシンからすぐのところにあるサトーンという船着場から、無料のサービスボートが出ている。

a0036513_16243631.jpg
この、下がスカスカなビルはいったい!日本じゃありえない。地震が怖いよ~。
タイは地震が少ないけれど、ないわけではない。ピピ島では、2004年にM9.1nの地震が発生して津波でたくさんの人が亡くなっている。


ボートを降ろしてもらうと、もう目の前がアジアティーク。

バンコクナビなどを見るとすごく広いようだが、そんなでもない。個人的には、特別に見るところないなあ。
ボート降りた瞬間、何故かすごいトイレっぽい臭いするし。

それとここ、ごく一部のレストランと店以外は屋内施設になってないから、暑がりの人には向かないと思う。
売ってるものは、チャトチャックとかその辺で買えるものをより高く売ってるだけ。置く商品が選別されているので全体を見たときにはお洒落感はあるが。

良いのは、暗くなり始めると一気にムードが良くなるところだろうか。
しかしやっぱり、「夜の時間が空いてしまったが、せっかくだから遊びたい、そして健全に過ごしたい」という以外という需要を満たす意外、ここに来るべき理由は見当たらない。

レストランも、その多くがもっと中心部からアクセスし易いところにあるチェーン店だ。
そして、オリジナルで美味しそうな店は、コスパが良くない。欧米と比べて、日本は結構きちんとした外食も低価格で食べられるから、西洋人みたいに「タイは安いー!入ろう入ろう」とはなんないよ。


私はお腹が空いていたので、着いてすぐピザなどが食べられるイタリアンのお店に入った。

a0036513_16221335.jpg
ピザ、超微妙。
トマトソースが醤油と同じくらいの塩分濃度。

a0036513_1623154.jpg
「つっまんないなー」と思って歩いていたが、日が暮れ始めたら急に良い感じに。

a0036513_232513.jpg
ああ、4時からじゃなくて7時から来るべきだった。

a0036513_265127.jpg
クリスマスツリー気が早い!

a0036513_235795.jpg
しばらく散策したが、置いてる商品がやはり特に面白くないので、早めにアパートへ。

a0036513_244353.jpg
夜は綺麗なので、来る方はぜひ夜に!
あ、てかここ、一人で来るとつまんない場所なのかも!
友達や彼氏と一緒なら、細かいこと考えないで浮かれて過ごせそうな気がしてきた。


a0036513_273522.jpg
一度アパートに戻り、タニヤでウッドボールという日式バーのマスターをやってる日本人メックさんに会いに行って来た。

私はピザを食べてからまた気持ち悪くなっていてお酒が殆ど飲めず、素面で緊張してあまりマトモに話が出来ずに早々に帰ってきてしまった。

彼は、飄々と生きている移住の達人。以前はアメリカに住んでいた。
あまり話には出てこないが、タイで結構私の価値観を大きく変えた人である。
[PR]
by gisouchir | 2013-11-21 01:20 | バンコク滞在中日記

11月18日(月曜日)

夕方、アジアティークに行こうと家を出たら、美味しそうなガイヤーンを売っていたので買って一度帰って食べてから、再び家を出た。

美味しかった。

が、電車に乗ってるとみるみる気持ち悪くなり、行くのを諦めて電車を降りてから、ホームの階段で吐いてしまった。

BTS(ゆりかもめのような乗り物、バンコクの主要路線)ってとても綺麗にしてあるのに申し訳ない。
混雑を割けるためサイアムをわざと乗り過ごしてラチャテウィーまで行ってたのがラッキーで、人にも見られず済み、すぐに駅直結のアジアホテルのお手洗いを借りられた。

何故。
もちろんその時は素面だし、私はむしろ飲んでも吐くこともまったくと言っていいほどない。

そのようなわけで、本日はどこにも行けず。
電車で座ってるだけでもクラクラするくらい気持ち悪かったあ。

今日ガイヤーンしか食べてないし吐いちゃったから、夜中にお腹空いてきた。
[PR]
by gisouchir | 2013-11-19 01:52 | バンコク滞在中日記

11月17日(日曜日) 【ロイカトーン】

今日はロイカトーン。

夜になってから、お店でニンちゃんとフォンちゃんと合流し、近くのお寺へ。

a0036513_1782962.jpg
ユニフォームが変わったよ、前のより大人っぽくて可愛い!!

a0036513_171065.jpg
フォンちゃんのお店で、脱毛してもらった。

a0036513_1792048.jpg
脱毛ガールズ。この機械は日本から買ったらしいよ。

a0036513_17104226.jpg
今日の食事、今回のタイで初のバミーヘーン(タイ風ラーメン、汁なし)。
美味しかった♡

a0036513_17113439.jpg
私顔コワイ!
これを川に流します♪

このお祭り、綺麗なとこはめちゃくちゃ綺麗な景色が観られるらしいのだが、ここはいまいちw
でも二人と一緒で楽しかったから良かった!

あ、あとニンちゃんの彼氏も一緒だった。彼氏、ワイルドだったー。
フォンちゃんは、「男ホシイ~」と言いながら仕事後にメイクを直していた。
がんばれー!
彼女にも奥さんにもスゴイ良い女の子だと思うのだが、ダイ人の好みのつぼはわからん。

そう言えば、フォンちゃんの日本語の文法の並び順はタイ語のままなので、知らないうちにタイ語の文法の基礎を覚えてた。ありがたし。
[PR]
by gisouchir | 2013-11-18 17:13 | バンコク滞在中日記

11月16日 【チャトゥチャックウィークエンドマーケットへ】

BTSアソークからMRTスクンビットの乗り換え時、ずっと食べたかったパットガパオの目玉焼き乗せを食べた。
私、この屋外タイプの屋台大好き。

a0036513_15144911.jpg
タイのパットガパオは安くて美味しい!100円くらい。
いまや日本でも何処でも食べられるけど、高いし使ってるものが何か違うのだ...。

地下鉄で、アメリカ人の英語教師と話をした。タイは、「白人なら誰でもOK」というノリで英語教師を採用するので、ネイティブな人って逆に初めて知り合った。

この日はとても涼しく、おそらく30度を下回っていたのだが、チャトゥチャックは相変わらず暑かった。ここなんで常に暑いんだろう。
お店は冷房がないので暑いのもわかるのだが、そもそもエリア一帯が暑いのだ。


フォンちゃんに預かっててもらったトランクを引き取り、帰りの荷物の重量制限がぎりぎりなので余り買い物は出来ず。
クッションカバーを二枚だけ買ってきた。結構気に入ったものが買えて嬉しい。

a0036513_15183396.jpg
チャトゥチャックの中に、カシコン銀行が出来てた。
前カシコンのATMチャトチャになかったんだよね。さすが外国人客を照準に入れてるカシコン、ATMだけじゃなくオフィスまである。通帳持ってたので、記帳してもらった。

a0036513_15202355.jpg
この人は、『マイペンライ(モンダイナイ)』という歌を歌っていた。タイ人の魂の歌だな!

a0036513_15214265.jpg
本日二度目のご飯。

生牡蠣と、焼き魚と、野菜。
牡蠣に添えられてる野菜は毒消し草だよ。そんなもので牡蠣の毒が消えるのかなあ。
そう言えば、日本からポン酢持ってきたけど、全然使ってない。

ここ(オンヌットの屋台)美味しかった~、近所だから帰る前にまた食べたいな。
[PR]
by gisouchir | 2013-11-18 15:08 | バンコク滞在中日記

11月15日(金曜日) 【昼にフォンちゃんたちと会い、夜にタカオさんと会う】

本番の17日を前に、ぼちぼちロイカトーンというお祭りが始まっている模様。
普通に街中を行く分には、全く気がつかない感じであるが。

a0036513_19503799.jpg
起きて身支度をし、昼過ぎにアパートの近くの屋台でご飯。ローカルなお店だわ。

a0036513_2084614.jpg
大好きすぎる、ガイヤーンとカオニャオ。見た感じの印象より美味しかった。


オンヌットの改札内にはカシコン銀行のオフィスがあるのだが、記帳しようと思って行ったら、営業時間が午後5~8時だったので、切符を買ったついでにフォンちゃんたちに会いに行った。

旅行先でのお金の管理は色々な方法があるけれど、私はタイであれば銀行口座を作るのがおススメです。
作れる銀行は状況により常に変わるのですが、今はカシコン銀行だけだと思います。
実質の滞在期間が一週間とかでも、何とかなるんじゃないでしょうか。アパートの契約書が必要なので、ホテルだとちょっと無理ですが(契約期間は、半年未満ならアパートの人に頼んで長めに書き換えてもらう方がいいです)。
バンコクは、東京以上にそこらじゅうに24時間使えるATMがあるので、安心で非常に便利。

a0036513_1955019.jpg
フォンちゃんのお店は、「いつ来てもいいよ」と言ってくれていたので行くことを知らせず手土産持ってサプライズお邪魔。
すると、フォンちゃんとニンちゃん、そして前回会えなかったヌンさんが!

a0036513_19553431.jpg
お昼休みになったので、一緒にユニオンモールの前の通りと同じ名前(忘れちゃった)のソイ1の食堂へ。
会う前にご飯を食べてしまっていたのを後悔。ここはなかなか一人でふらっとは入れないお店!ステキ!

a0036513_1956357.jpg
ヌンさんは、以前私も会ったことのある日本人の旦那様とは別れて、夜からは新しい彼氏と一緒に3泊旅行らしい。
潔いなあ!!

a0036513_19565929.jpg
ちょっと周りを案内してもらった。

a0036513_1957563.jpg
楽しかった!


このあと一人で、「アジアティーク」という、お台場みたいな新スポットに行こうと思っていたが、そこはロイカトーンの催事場ともなってるため、すごく混んでたら嫌だなあと思って止めた。

a0036513_19594877.jpg
アソークのターミナル21を通過。お手洗いを借りる(お手洗いからの景色)。


ついでになんとなく、サイアムで降りてサイアムパラゴンに寄ってみた。
ここ相変わらずあんまり面白くないな。

a0036513_2002337.jpg
しかし、モーターショーみたいなのをやっていて、タイ美人を撮影できる僥倖に。

a0036513_201039.jpg
こういうのって、女が撮ってるとキャンペーンガールが安心して目線くれるから得だよな。


a0036513_2033748.jpg
更に、オンヌットから歩いてローカルエリアを散策してみた。人の生活の匂いがある、面白い。

a0036513_2013613.jpg
こ、これ食べる用かなあ。

a0036513_2023442.jpg
また可愛い猫が。
猫は何故売り物を置く場所が好きなのか。

a0036513_203344.jpg
路地に入りすぎて迷子になってしまった。

おばさんに駅の方向を訊いたら、モタサイ(バイクタクシー)乗り場になってるというのでそこで待たせてもらい、恐怖のモタサイに乗った。これしょっちゅう事故るから怖い!私、事故2回も見たことある。


そして夜、タカオさんが「今晩誕生日でお店でお祝いしてもらうから来たらいいよ」と言ってくれたのでお邪魔することに。

場所はソイ22。
ここは前住んでたアパートのある通りである。懐かし過ぎ!!
マッサージ店のおばちゃん・タクシーの客引き・クイーンズパークのドアマン・モタサイドライバーなどとかなり顔馴染みになってたのだが、この日は全然知り合いを発見できず。さみしい。

a0036513_2045914.jpg
ハッピーバースデータカオさん!
タカオさんって女の子の居るお店来るんだ!って意外!
ここは全然安心して飲めるとこだけど。
右後ろの彼女は、レディボーイかな?

a0036513_2055584.jpg
パクソイ(ソイの入り口)に新しい建物が出来てた。
盛り沢山な一日でちょい疲れた~。でも楽しかった!
[PR]
by gisouchir | 2013-11-16 20:38 | バンコク滞在中日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite