左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

6月30日

あと15分くらいで面接兼取材に出かける。
うう、緊張。してきた。
しかし受からなくても、面接受けたってだけでだいぶ社会復帰だよなあ。ってのんびりし過ぎか。

今朝、アパートのオーナーと交渉して、次の月の家賃を下げてもらった。
今居る所は、サービス(ハウスキーピング)付きで12000バーツ(日本円は、およそ×2.8)。
ノンサービスルームは、7500バーツだ。ただし、ノンサービスルームにはカーテンや寝具が無い。

より安い他のアパートを探すという手も有ったが、
・エアコン付き。
・インターネットの利用が可能。
・寝具・カーテン付き。
・オーナーやメインスタッフが信頼できる。
・フロントで英語が通じる。
・周辺の治安がそこそこ良い(夜でも人通りがある)。
・近くにコンビニが有る。
・ある程度便利なエリア。
・7000-10000バーツ。
という条件を足で探すのはそこそこ困難。
日系の不動産屋は、基本的に10000万バーツ以下の物件を紹介しない。

という訳で、オーナーにお願いして、9000バーツにて現在の部屋の継続利用をノンサービスのファブリック付きで再契約成功。
もうちょっと下げられそうだったが、今のアパートはオーナーが良いので、良好な関係優先。
おそらくあと1ヶ月しか居ないので、その為にカーテンや寝具を探して買って処理する事を考えれば、そこそこお得である。

ではまた!
どきどき。
取材でご飯の写真撮るように言われた。緊張で手が震えて撮れないかも...。

-------------

スクンビットに有るシェラトン グランデ スクンビットの中にあるbasilというタイ料理レストランに行って来た。
普段屋台のご飯しか食べて無いから、気後れ度満点。

a0036513_12455894.jpg
困った、私は食べ物やオサレレストランの話になると一番言葉が出てこない。

a0036513_12472952.jpg
コレを見て何を書けばよいのだ。「まあ素敵」としか思わないなあ、困った。自分の中にニーズが無いため、人のニーズも想像出来ない。すごく暗雲立ち込めて来た。

a0036513_1394623.jpg
でもこのディスプレイ小物は私好み、何処で買ったんだろう。

a0036513_1248033.jpg
料理も取材兼お食事ということで頂けたのだが。
「???」。美味しいという事しか解らない。屋台の焼き鳥の味の分析なら得意なのだが...。

※ 写真はブログで使ってオーケーと確認済み。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-30 11:32 | バンコク滞在中日記

6月27-29日 【カンボジア ポイペト】

文章が無駄に長いので、面倒だったら下にどうぞー、写真あります。

-------------

観光ビザが切れそうになったので、新しいビザを取りに3日間カンボジアのポイペトまで行ってた。
僅かながら取れない可能性があったものの、無事ゲット。

カンボジア国境付近は、相変わらず治安が悪かった。
タイとは隣同士の国でありながら、「微笑みの国」であるタイとは全然違うイメージ。
土ぼこりが舞い上がる中で人々が大きな荷車を押していて、外国人をジロッと睨んだり下品な言葉を投げかけてくる。わざとヨゴシを入れたみたいな半裸の子供が、「1バーツちょうだい」って集まってきたり。
ただ思い切って話しかけてみると、大人の反応は意外とソフトだったりするのだが。

今回の旅では、バスに乗り合わせた乗客同士は誰とも仲良くなれなかったが、路上でギター(※1)というタイ人と知り合った。
知り合ったのは2日目なので、1日目は何もする事が無くて暇だったなあ。
(外は危なそうで、そんなにウロウロ歩き回れない)

一緒に夕飯を食べに行ったら、カニがすごく美味しかった。あんなにふわふわ且つぷりぷりの美味しいカニ今まで食べた事無かった。
しかし何故か帰ってきたらバッグにギターのIDカードが。座ってた位置からして、わざと入れたとしか思えないが、これは無いと困るのでは。
半分タイ語なので読め無いが捨てて大丈夫なんだろうか。

(※1)
タイ人は妙な英語のニックネームを常用する。
フォンちゃんは本名だけどその一部で、本当はもっと長い。フォンはタイ語で雨という意味。ヌンさんも同じくで、意味はタイ語の1。
英語でfourさんとかも居た。イケメンだったタイ人は名前もJakeとカッコイイのを付けていた。そう言えばCakeって人も居た。

帰りのバスの中で、落ちたと思ってた編集社の一次面接と提出した文章がパスしてたという連絡を貰った。
明日、実際に取材に行ってみるようにと言われたが、それってやはり無償なんだろうか...。と言うかいきなり明日って。

a0036513_2331566.jpg
ホテルの部屋はきれいだった。

a0036513_2333632.jpg
が、もっと汚くていいから安いと助かる。

a0036513_2341810.jpg
ご飯はビュッフェでこんな感じ。食べ過ぎ!

a0036513_2355060.jpg
ホテルの敷地内は、普通に小奇麗。

a0036513_2393414.jpg
外に出るとこんな感じ。
危ない所ではカメラ出せないので、ここは至って普通の場所なんであるが、なかなかワイルド。

a0036513_23102798.jpg
ここは小売店兼食堂。
ビールが1本20バーツ(およそ50円)と、タイより安い!

a0036513_23114966.jpg
何してるんだろうと思ってずっと見てたけど解らんかった。

a0036513_23123832.jpg
とてもボロいバイク。
このときは全く知る由もなかったが、左に写り込んでるのがギターの車だった。

a0036513_23145424.jpg
遭遇してご飯を食べに行った。眺めが良い。私は国境付近にレストランが存在する事すら知らなかった。

a0036513_23191387.jpg
これなんていう料理だったんだろう。白身魚を煮たものとカニと野菜の炒めもの。

a0036513_23204549.jpg
ギターは英語上手だった。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-29 21:35 | バンコクからの旅行や出国含日記

6月26日

バイトの件でトニーさんから連絡が来ないから、「あーまた適当に話が流れたか」と思って昼過ぎにふらっと外に出たら連絡が来た。

先日訊いたら今週になるか来週になるか判らないって言ってたから一応今日の昼までは連絡待ってたのに、昨日の夜の予定は今日早い時間に連絡が来ても大丈夫なように自重して入れられなかったわ、今日は結局ギリギリアウトで無駄に空いちゃったわで、イラ!

それ以外にも、今日はちょっとイライラしてるなー。
そんな調子のトニーさんに「もう少し早く連絡ください」って言ったらちょっと逆切れ風味だし、フロントは臨時で閉まってて用件言えないし、エレベーターに乗ったらおじさんが満面の笑みで全部の階のボタン押すし(笑)。

a0036513_14164132.jpg
おととい、ユニオンモールで買ったピアス。
5ミリ有るか無いか位のサイズで、700円ほど。輸入して売ってるって事は、輸入元の韓国で買うともっと安いということだろうか。可愛いのに(でもこのお店人気無かった)。

----------

ネカフェ行って涼んでから少し散歩して、躁状態のコンビニの店員さんを眺めてたりしたらイラも治った。

----------

明日から少し忙しいので、しばらく更新途絶えるかもしれません。

----------

本日のご飯。
今日は5時起きしたからたぶん2食。

a0036513_14172629.jpg
もち米、焼き鳥、野菜の水煮。
焼き鳥は誤って照り焼きっぽいのを買ってしまった。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-26 14:43 | バンコク滞在中日記

6月25日

ボーっと歩いていてたら、異常に素早く回り込み通せんぼをする黒人が居たので、「あー今日こそ殺される(※1)」と思ったらフィクレだった。黒人ってどうしてあんなに反射神経良いんだろう。

ビール飲みに行こうと言ってくれたが、予定が有って行けず。会ったの久しぶりだったのに残念。
そういえば今日のニュースで、エチオピア(フィクレはエチオピア人)も日本に義捐金を送ってくれるって言ってたなあ...。

(※1)
最近は平穏だが、着いて一ヶ月位は結構怖い目に遭ってた。

-----------------

午後、ステ先生が遊びに来た。

a0036513_20133539.jpg
ひらがなを練習するため、学校で日本語の先生からプリントを貰ってきたという。

私が英語をマトモに話せないので、日本語を少し覚えようとしてくれてるらしい。
気持ちは嬉しいけど、日本語の読み書きは難しいよなあ。

日本語とフランス語は母音が似てるらしく、「あいうえお」の発音は難しく無いと言っていた。

ただ、「はひふへほ」で始まる言葉は苦手な模様。日本語に限らず、英語で話してても"h"が消えたり変な所に付いたりする。
例えば、「ハローキティ」は「エロキチ」になる。それはまだ解るものの、「アーム(腕)」が何故か「ハーム」になってしまってたりするのが不思議。

ちなみにハローキティは、タイでも有名。
ドラえもんも人気だが、タイの人々はドラえもんを「ドレーモン」と発音するので最初何だか解らなかった。

-----------------

a0036513_12195478.jpg
タイランドのコンビニは、一見日本と大差ないが、棚卸しはワイルド。
大体昼も夜も12時くらいにやってて、通路はこのようにあちこち塞がれる。

あと、生鮮食品およびおかずやお弁当などは殆ど無し。
でもコンビニにはお気に入りのナッツとアイスが有るので、今度買ったら載せます。

a0036513_12225018.jpg
昨日夜中にお腹が空いてカップラーメン買いに行ったら、片手を掲げたまま静止してるおじさんが。

「ナ、何シテマスカ!?」と聞いたところ、「レンチンし過ぎて熱いからクーラーで冷ましてるー」とのことでした。ずっと冷ましてた、ずっと。

-----------------

本日のご飯。

a0036513_1204146.jpg
1食目、ソムタム(青いパパイアのサラダ)とカーオニャオ(もち米)。
今日の屋台は当たり店だった。美味しい!
ソムタムに付いてきた生野菜は、初めて見たもの。中は紙のごとく繊維質で、折るとミルクのような液が出てくる。

2食目、サブウェイのローストチキンをエクストラチーズ野菜全マシで(写真は略)。
お、美味しい。なんだか解らんが、とにかくこの頃何食べても美味しい。
サブウェイはこのメニューで約300円。タイ国外のメニューは、そこそこ高いのです。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-25 12:25 | バンコク滞在中日記

6月24日

a0036513_1724290.jpg
アパートに帰ったらドライフラワーが出来上がっていたので、雑貨屋で買ってきた小篭に入れて置き物を作った。
花を固定するために、中に一回り小さいプラスチックのコップを入れてみたら良い具合に収まった。

そして同時に、今日のご飯。
イサーンから帰ってきてまたイサーン料理。
ソムタム(パパイヤサラダ)は、フォンちゃんたちのお母さんが作ってくれた物が美味しすぎて忘れられない。
自家製の魚の漬物を使ってニンニクきつめで作ってあり、パパイヤの味もバンコクで食べてる物より美味しかった。

写り込んでる小ぶりな果物は、ノォイナー(※1)と言って雨季(5月くらい~)に入ってから何処ででも良く見かける果物。
日本語だと、お釈迦様の頭みたいに見えるので「釈迦頭(しゃかとう)」って言うらしいです。
果実は「カスタードプリンか?」と思うほど濃厚な甘味と味わいで、私はフォンちゃんのお婆ちゃんに一つ貰ってきてトライしたものの食べられませんでした;

(※1)
私が覚えてくるタイの単語は、辞書などが無いため口頭で教わって来たものです。
無声音に近い音とか聞き逃してると思います、間違っていたらスミマセン;

--------------

今日は朝からトイレの水があふれて大変だった。
一応トイレットペーパーを流していい部屋に住んでいるものの、下水はやたら詰まる。

日本に居た頃トイレがあふれたりしたら発狂してたと思うのだが、もう最近、きれいな物と汚いものの感覚が以前とずれて来たような気がする。
ハエとか本当に気にならなくなってしまった。

そう言えばフォンちゃんたちもご飯食べる前に手とか絶対洗ってなかったし、逆に手づかみで食べるゆえ食べ終わってから「あーご飯食べたら手が汚れた」とか言って洗ってたなあ。

今日は暇。
誰かと遊びたいけどもうご飯食べちゃったから難しい~。のと、まだちょっと疲れが抜けない。

--------------

a0036513_12271763.jpg
パホンヨーティン駅にある、ユニオンモールという地元の若者向けのデパートに行ってきた。

やすいっ。
普段どれだけ吹っかけられてるのかと思うくらい、やすい。だいたい、物価がスクンヴィットエリアの半額だ。

韓国産のピアスを購入した。
クラシックで可愛かったが、タイの人はまだ余りクラシックな物には興味が無くて、新しいものが好きみたい。

a0036513_1228146.jpg
学生服のまま来る子も沢山。

一人、女子学生の服を着た男子学生が居て、男なのはすぐ判別できたけどすごく綺麗だった。
あのまま学校行ってるのかなあ。

a0036513_12341657.jpg
夜になると、ユニオンモールの前の広場にフリマが出る。

a0036513_12305949.jpg
これがまた、安くて楽しい。

ここ多分ガイドブックに載ってないと思うけどお薦め!
バラ配りに適したお土産も沢山ある。
(但し英語が通じないお店多し)

--------------

a0036513_2185242.jpg
昨日のご飯。

夜は、久しぶりのお気に入りの屋台。
天然ご飯も美味しいが、化調もまた美味しい。

朝は、フォンちゃんの家で、もち米と、カエルと、庭に居た鶏と、庭に生えてたツル草と、タケノコの入った辛いペーストと、スイカをご馳走になった。
絞めたばかりの鶏を初めて食べたが、弾力がすごくて驚いた。まさに死後硬直の歯ごたえ。

--------------

イサーンからトランクを引いて帰って来た時、アパートのオーナーとフロントの女性にすごく心配されててびっくりした。

ビザを取るため3日間空けたときには何も言われなかったので、「特に言って出なくて大丈夫なのかなー」と思って何も告げずに発ってしまったのだが。

家賃は前倒しで払っているので、単に心配してくれたようで、申し訳なくも嬉しかった。
出る前々日あたりに、アパートの出入り口でステ先生と喧嘩してたから殺されたとでも思われたのだろうか。
(大袈裟な人種×静かな人種なので、喧嘩をしていると私が劣勢に見えると思う)

しかし本当に、優しくしてくれる人、心配してくれる人、喧嘩してくれる人、皆に感謝。
どれもなかなか他人にはしてくれない事だ。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-24 14:57 | バンコク滞在中日記

6月23日 【タイ ブリラム県5日目→バンコク】

イサーンはブリラム県より無事にバンコクまで戻って来ました。
バンコクに戻る日、前日になってあっさり「もう一日長く居るねー」って事になって驚いた。

-----------

イサーンは自然がいっぱいで面白かった。
ご飯もずっと美味しかった。イサーン料理は激辛で日本人には苦手な人も多いと聞いたが、私はバッチリ美味しくいただけた。
外のテーブルで食べると常時30匹くらいのハエ(マレーン(グ)ウァンと言うらしい)がたかっていたが、幸いお腹を壊す事も無く。

a0036513_18502426.jpg
ここはリビングダイニングみたいな場所。

a0036513_19422880.jpg
ここは庭のくつろぎスペース。

a0036513_18531678.jpg
メニューの中にカエルが出現する率は100パーセントだった。
最初、「面白がらせようとしてるでしょ!?」と思ったが、ごくナチュラルに出てくる。
魚もカエルも、近くの川や湖に自分たちで取りに行くという。

a0036513_1855599.jpg
お気に入りスポット。
自転車を借りて、たまに一人で考え事をしに行った。

a0036513_20595283.jpg
朝夕のご飯の後に、原付三人乗りで遊びに行ったのも楽しかった。

a0036513_18572985.jpg
お寺にタンブン(お供えやお祈りをして徳を積むこと)にも連れてってもらった。

a0036513_19431111.jpg
病院や、

a0036513_19435685.jpg
市場や、

a0036513_2103153.jpg
買い食いにも。

a0036513_1901825.jpg
4日目、バンコクでは一度も経験し無かったホームシックに突然かかった。

日本は心配だし、イサーンでは周りみんなタイ語喋ってるし(しかもイサーンの方言)、バンコクの友達は大体英語喋ってるし、もうすぐビザは切れる(日本は心配ではあるが帰りたく無い...)しで、ちょっと不安定になってたんだと思う。

それを見たヌングさんが、心配して良い匂いの花とカエルを持ってきてくれた。
「このカエルは食べられないけど・・・」と。
タイの人は、植物とか動物を見たとき、食べられるかどうかをまず考える気がする。

文中で存在感が無いが、お兄ちゃんもずっと一緒だった。
すごく静かな人で、5日間一緒に居たもののついに最後まで名前も聞かずじまいだったー。


5日分の日記、どうしよう。出来たらぼちぼち更新します。
もう後戻りできないほど日焼けしてしまった。しかも、背中のばっくり開いた服を着ていたら、虫に刺されて一面ブツブツ。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-23 19:10 | バンコクからの旅行や出国含日記

6月19日 【タイ ブリラム県 1日目】

フォンちゃんヌングさん姉妹の里帰りに便乗して、イサーン(タイの東北地方)に在るブリラム県へ行く事になった。

前日、興奮しすぎて眠れず、当日の朝1時間も遅刻!
どうして、私はここぞと言うときに遅刻などをするのか。普段は遅刻魔では決して無いというのに。
渋滞を避けるための早朝の出発だったのに、本当に申し訳なかった。

車に乗せてもらうと、知らない青年が運転している。
彼女らの間の年齢の、兄弟であった。
この後5日間、この青年とは挨拶以外の会話が全く無かったが、特に気まずいと言う事も無く、マイペンライな雰囲気だった。

青年とヌングさんの運転でおよそ6時間走り、彼女らの実家に到着。
ちょっと緊張しつつご挨拶。

お母さんは、可愛い系の綺麗な人で、穏やかで優しそう。
お父さんは、キュートでひょうきんな感じ。

a0036513_13495335.jpg
着いて早速、お昼ご飯をご馳走になり、カエルの洗礼を受けた。これはグリーンカレー。

このときは「面白がらそうとしてるでしょ!」と勘繰ったが、この後カエルの出ない食卓はなかった。
カエルは、近所で適当に捕まえて来るという。殆どの食べ物は、買わなくても何とかなるらしい。

a0036513_13514244.jpg
洗濯は雨水で。

a0036513_13525569.jpg
一人でふらりと散歩に出かけたら、犬に立ちはだかられた。

a0036513_13534141.jpg
お父さんとお母さんの仕事場であるゴム畑を見学させてもらった。
バンコクよりだいぶ涼しいとはいえ、熱帯での畑仕事は重労働。

a0036513_13574611.jpg
庭にはステキなくつろぎスペースが。

夕方、半屋外の台所で、のんびりとご飯の支度を始める。
お、おいしそうな匂い。

a0036513_1402895.jpg
フォンちゃんのお母さんと女性皆で作るイサーン料理は、ホントーーーーに美味しかった。
かなりスパイシーな事を除くととても体に良さそうでもある。

a0036513_1425038.jpg
ご馳走様でしたっ!

a0036513_1432762.jpg
食後、お父さんが昔の写真を見せてくれ、一緒に飲んでくれた。

一日終わり。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-19 18:01 | バンコクからの旅行や出国含日記

6月18日

朝、アパートの前をうろうろしていたらジョギング中のケヴィンさんにばったり会った。
しばし立ち話。

その後、昨日食べたケーキが美味しかったので、ステ先生を呼んで今日も同じお店でお茶飲んでケーキ食べてきた。

面接用に買った慣れないパンプスを履いて行ったら、履いてるだけでも痛い感じの靴擦れになったので超ソッコーで帰宅。
帰りぎわ「ナンカ怒ッテマスカ!?」と言われたが、怒ってない。ほんと靴擦れが痛かった。

a0036513_1241880.jpg
本日食べたケーキ。(写真も投げやり)
私が食べたのは、手前のホワイトチョコのチーズケーキ。
一口目は美味しかったけど、そこそこサイズが大きいから食べ終わる頃にはやはり少しくどく感じてくる。

軽くてフレッシュで綺麗なケーキが食べたいー。

--------------------

無事に復調したので、明日からフォンちゃんとヌングさんに故郷のイサーン(タイの東北)まで連れてってもらうことになった。

実際の距離は知らないが、車でのんびりのんびり行くといつも6時間くらいかかるそうなので、ほんとに日本の東北に行くのと距離感同じくらいだと思う。

そのため、今日は準備で少し忙しい。

私のスーツケースは1万5千円で買ったソフトタイプの小さめサイズなのでとても頼りない。
今、手で測ってみたら、長辺が「親指と小指を目いっぱい広げたの×3」分しかない。短辺は×2。
ボロボロだし、そろそろ新しいの買わないとダメかも。

4~5日更新が止まると思いますが、お元気で!

イサーンの人の食生活は結構ワイルドなので本気で少し怖いです。
前にフォンちゃんが、屋台でカメムシのでかいのみたいな虫を「美味しそうー!」って言ってたからなあああ。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-18 20:45 | バンコク滞在中日記

6月17日 【アラブ人街】

結局、病院行かなかった。
だいぶ良くなった気がする。腹痛もピークを超え、あとはバラの棘が指に刺さったのが膿み始めてるのを静観中。

当初の予定では長くても10日間くらいで帰国するつもりだったので、海外旅行保険はその辺で切れてます。
クレジットカードに自動付帯される物しかないのですが、それが何処までカバーしてくれてるのやら。

------------------

お昼、ケーキが美味しいお店が有ると聞いて食べに行って来た
BTS(スカイとレイン)アソーク駅とMRT(地下鉄)スクンビット駅を繋ぐインターチェンジの中に有る"Something sweets"というカフェ。
ここは日系企業が多く入ってるテナントビルで、客も日本人が多い。

最近ほんとに突然ケーキとかアイスが好きになったなあ。前は絶対食べられなかったのに...。

a0036513_17541091.jpg
ストロベリーチョコレートケーキを食べた。

チョコレート味が濃厚なのに重くなくて美味しかった。クリームの層にぺらぺらにスライスされたイチゴがみっしり入ってた。デザインがもう少しステキだと嬉しい。
タイで売ってるケーキで一般的な日本人が美味しく食べられるのは、多分75-90バーツ以上のもの。おそらくその価格帯以上の場合、材料やレシピが輸入品になるっぽい。味が違う。これはちょうど90バーツ(=250円くらい)。

------------------

その後、お昼過ぎにカレーが食べたくてナナ駅の近くのアラブ人街に足を踏み入れてみた。

アラブの女の人は、みんな黒い布頭からかぶってた。
慣習?宗教?すごい暑そう。
そんな感じのところにカメラを向けるのは気が引けたので写真は無し。

アラブ系の人は何となく険しい顔のイメージが有ったけど、みんな結構ニコニコしてた。

a0036513_1916818.jpg
カレーは、選択を誤った。
「せっかくだから、ナンがいいなー」と思ってナン頼んだら、バットに残ってたカレーはタイカレーだけだった。
グリーンカレーが好きなので反射的に選んだが、グリーンカレーにナンって合わない。

そして、ここはメインがケバブ屋さんだったせいか、ナンがモッチリというよりは薄めでパリッとしていて「ぬー、思ってたのと違う!」と思った。

でも面白かったー!普通のタイの通りとまた違って、わくわくした。

白い服のアラブ人男性が多かったけど、シルクのカラフルな民族衣装を着た黒人も結構居た。
また来よう。今度来たらケバブを食べて、水タバコを吸ってみよう。

a0036513_1859266.jpg
何か喋ってくれていたが、何語かから解らん。

a0036513_190812.jpg
果物屋さん。手前の果物は、新じゃがでは無くてロンコンというフルーツです。皮を剥くとランブータンの身みたいな形状で葡萄のような味のみずみずしい果実が入ってます。

a0036513_190429.jpg
おお、カッコイイ!!
その国々の着る人のものって、不思議なくらいその国の人を引き立てるよなあ。

a0036513_1913815.jpg
これは、タイ人かなあ。
ここに居る人々は、妙に進んでカメラの中に入ってきてくれて楽しい。

------------------

a0036513_19314176.jpg
行きがけに、黄色いシャツの人々が結構大々的なデモをやってた。

a0036513_19324934.jpg
今は選挙前で、タイにはなぜか、サルや犬などの立候補ポスターがある。
これ、この間「不適切なので撤去せよ」っていう指示が出たと思うんだけど、まだ全然有る。

そのポスターを出してる人たちだと思うのだが、どういう思想の人なのか私は知らない。

------------------

トニーさん(伊系米人の合気道の先生)が紹介してくれた米大使館の人に、日曜日に日本語を教えるアルバイトする事になった。
喫茶店でのプライベートレッスンだから、ただ会話するだけでいいのかなー。楽しみ楽しみ。

------------------

夕方、学校帰りにまたステ先生が来た。
今日は一際よく喋ってたなー。

学校の愚痴を一時間くらい聞いた。
が、学校の上司から受けてる注意の要点は「喋りすぎ」。言う人の気持ちが解る。
そしてこの人の喋りに、要点という概念は無い。

それから、ピークを過ぎて引退したアーティストやスポーツ選手がカムバックする事についてや、お互いの国の整形事情などを話し合った。

最後に仏語の自己紹介の例文と、英語でのサブウェイの抜かり無いオーダーの方法を私に教えると何かに納得して帰っていった。

------------------

本日のご飯。

記事の通り、ストロベリーチョコレートケーキとグリーンカレー(+ナン)。
野菜が食べたい。結構ベジタリアンレストランとか多いのだけど、高い!
[PR]
by gisouchir | 2011-06-17 13:35 | バンコク日帰り観光含日記

6月16日

明日病院の予約をしたけど、少しずつ良くなってる気がする。

身近な人に現在の症状を相談した所、

旦那、
「医者に行くべし。でも何にせよ炎症じゃね?医者どうしても嫌なら抗生物質の種類調べておくよ(その後連絡が無いいつものパターン)」
ハンク、
「医者行った方が良いよ、食道に腫瘍有るんじゃない?→逆流性胃腸炎じゃない?→私には難しくて把握できない何か(ハンクの言う事には毎度怯えるがいつか当たりそうで怖い)」
ステ先生、
「オーマイガッ!ウチのママンと一緒で飲みすぎだよ!でも飲まなきゃ大丈夫だよ!(いい加減)」

という所見を頂いた。
バラバラすぎる!

来週までに治れば、フォンちゃんの田舎の実家に遊びに連れて行ってもらおうと思ってる。
フォンちゃんとヌングさんは、1~2ヶ月に1回イサーン(タイ東北部)の実家に帰っていて、そのタイミングで一緒に来て良いと言ってくれてるので。行けたら良いなあ。

うずくまるほどの痛みも無く酒さえ飲まなければ大丈夫そうなので、今日は普通に出歩く予定。

・・・と思ったら、せいりつーで腹と腰まで痛くなってきた。

------------------------

ステ先生の家に遊びに行ってきた。

・い、犬がデカくてびっくりした。
 中型犬だけど、犬が苦手な私は蚊の大きさでも犬なら恐い。

・長く住んでいる家じゃないから家の中に驚くべき発見は無かったが、ついに若はげの理由を聞いた。

・ステ先生は、今日も明らかに英語が話せるタクシードライバーに堂々間違ったタイ語で話しかけ、相手を「?」の海に突き落としていた。


ダメだ、腹が痛くて書けない、また明日。
近くのコンビニは24時間営業だし頭痛薬も売ってるけど、この薬は血がサラサラになるらしく、こういう時に飲むのはマズイらしい(噂だけど)。

------------------------

本日のご飯。

ピーナッツ10粒くらい。
[PR]
by gisouchir | 2011-06-16 17:23 | バンコク滞在中日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite