左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

9月29日

タイを出て10日経った。

意外とタイに戻りたい病にはなっていない。
むしろ帰って来たら帰って来たで、日本の良いところが前より良く見えるようになった。

日本人は本当に責任感が強くて、思慮深くて、頭が良い人が多いなーって感じる。
バンコクは国際的な都市だったので、これはタイ人とだけではなくその他の外国人も含め比較して感じる傾向。
ただタイに長期滞在する外国人は、自分も含めて特にマイペースな人が多いとは思うが。


日本でなんと言ってもラクなのは、何処に行っても皆日本語を解ってくれること。
タイに行く以前は、企業に電話したり医者に行ったりするだけで何日も逡巡したが、今は「ちょっと億劫...でも日本語じゃん、大丈夫だ。」と感じるので殆ど問題を感じなくなった。
これ、タイに居た時は居た時で「英語もタイ語も母国語じゃないからマトモに話せなくても仕方ない」くらいに思っていたので、親切なタイ人のお陰もあって知らず知らず克服してしまった気がする。

そんなわけで良い調子のまま過ごしており、今年2、3月頃のピーク時に1日8~12錠飲んでた安定剤も帰国後は何かの折に1錠飲んだのみだ。

だというのに、原発の問題に関してはちっとも安心出来ずに暮らさなければいけないのは残念だ。
特に、回避できる状況をダマされたゆえ回避出来ずに寿命が縮むとか、まっぴらだ。

政府は国民を出来るだけ満遍なく被曝させたいような対応ばかり取ってて、それは混乱の回避と将来的に因果関係を認めたくないからだけかのように見える。
一般市民も、東京辺りだと私みたいに過敏な方が少数派なくらいだが、私はそんな風には受け止められない。

かと言って、「せめてコドモや妊婦たちの安全だけでも」って言う論調も理解しかねる。
1分1秒を争い特定の誰かしか助からないような状況での優先順位としてなら理解できるけど、今のところは一部地域では早急な対応が必要なんだろうとは思うものの、それでも時間単位って話じゃないと思うから。
正確な情報把握と開示をしてくれれば自主的に動くなりリスクを予想して動かず過ごすなり出来る人が沢山居るだろうに。

色んな事を我慢した老人世代の人も、一生懸命働いた壮年世代の人も、私たちの世代だってコドモだって、事実を知って選ぶ権利が有るはずなのになー。

日本が良い国だったと再認識すると、余計上の対応の残念さにガックリする。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-30 15:27 | 日記

9月28日

a0036513_129797.jpg
先日、「東京タワーは意外と綺麗だ」と気づいたので、夕方ふらりと東京タワーを観に行った。

30分も居なかったが満足した。

その後、会社に居る夫を誘い出して近所のスーパーを一緒に巡った。

ニュースで言われてる通り、白菜が本当に高い。
小ぶりのが一玉で600円。

DVDのレンタルショップに行ったら、半年の間にさまざまな新作が。

夫がラース・フォン・トリアーの『アンチ・クライスト』を観たいと言うのでレンタルした。
夫婦が性行為に耽っている間に子供が転落死してしまい、妻が心を病んでいき...という内容。

借りても夫が家に帰って観る時間は無いのは判ってるのだが、ひとまず黙って借りておいた。
そして会社と家にそれぞれ帰宅。

帰宅して一段落してから、『アンチ・クライスト』を一人で1/3くらい観た。
映像超綺麗。冒頭の無重力感、光、美しい~。

しかしこの監督の女性の描き方には悪意に近いものを感じる。
女優に関しても元々「やり過ぎ感」の有る人を炊き付けて、それまでなんとか「超個性的」とか「孤高」として保ってたキャリアイメージにさりげなく「痛い人」の印象をこびりつかせてしまう感じが。
(ビョークが出た『ダンサー・イン・ザ・ダーク』が同じ監督。本作の主演はシャルロット・ゲンズブール)

「痛い人」の印象を受けるのは、、「体当たり」と高評価を得る女優の中に、感情のダダモレ+自己陶酔感しか感じられない人が結構居るからかも。
それはそれで良いのだが、そういう人が役者としての高評価やステイタスを得るというのはちょっと違う気がするのだ。

もしくは、私が激情型メンヘラや極端に要領の悪い生き方を美化したようなキャラクターを毛嫌ってるせいかもしれない。

文句が長くなったが映画は楽しんでいて、観つづけたかったが眠くて中断。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-29 19:32 | お出かけ、イベント日記

9月27日

アヤちゃん(高校の時からの友人)と新宿で飲んできた。

アヤちゃんは最近、「暫くおまえんちで世話になる」と言って転がり混んで来たアル中の男性を養ってるらしい。
なんだそれ!

しかもそれは、すぐ「死にたい」とか「俺のどこが好きなの?」とか言うらしい。
うわー。

この日もアヤちゃんも「余り帰りが遅くなると彼が...」と言って9時頃腰を上げ、「今日は頼まれても酒を買いに行ってあげるの止めよう」とか言ってるし。
「どこがいいの?」と聞いたら「顔」という。思い出したように「あ、服のセンスも」と。
ええ...(引)。

でも結婚してた時より幸せそう。
経済的に自立してる人の幸せには色んな形が有るんだなあ。

a0036513_1312063.jpg
アヤちゃんと私の携帯ストラップが偶然お揃いだった。
3月に香港のスワロフスキーで買ったお気に入り。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-28 15:55 | お出かけ、イベント日記

9月26日

早起きして実家近くの歯医者まで行った。

5年ぶりの歯医者、恐ろしかった。
奥歯の型取るとき、喉にゴムみたいなのが流れ込んで来るのが怖い。

その後、銀行に行って国債解約の手続きを済ませた。
国債を買うとき、「リスク?極めて低いですよ。絶対とは申し上げられませんが、まあ日本がダメになったりしない限りは...まず有り得ませんよね(笑)」と言われたのをふと思い出した。
ダメにならない事を願いつつも、もはや預けておく気はしない。

食材専門店に行ってグリーンカレーペーストとナンプラーを買った。

郊外ってDIY系とか専門食材など家庭生活に密着した物が安く簡単に手に入るのが良い。

傘が欲しくて六本木に向かったが、駅まで行ってナンプラーの重さに耐え切れず引き返す。

帰宅して荷物を置いてから、近所のスーパーを一巡して品揃えの変化をチェック。
なるほど...。

再度帰宅し、夕食用にグリーンカレーを作る。

美味しく出来た。
しかもインド風カレーの10倍くらい簡単だ。
具は、鶏胸肉、じゃがいも、ピーマン(赤・緑)・パイナップル。

ペーストはMAE PLOYというメーカーの物を使った。これ味がシンプルで調整し易く美味しかった。

体力も気力も余っていたので、また六本木まで行った。

六本木ヒルズに入ったら迷った。
ここに行くと迷う確率100パーセント。
傘は気に入った物が見つからず、ブラウスだけ買った。

東京タワーって意外と綺麗。
気付けば7時半。帰宅。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-27 09:24 | 日記

9月25日

夫と待ち合わせして、代々木公園と青山周辺をブラブラしてきた。

a0036513_1331810.jpg
公園は混んでいた。日が陰ると既に肌寒い。秋だなあ。
人々は楽しそうで平和そうだったが、何を見てもどうして楽しいのか上手く想像が付かなかった。

a0036513_1334351.jpg
顔が出国前の緊張顔に戻ってる!

公園を出て表参道のなだらかな坂を下り、246を渋谷側に青学辺りまで歩いて折り返し、今度は246と平行している道を神宮外苑まで延々歩いた。

お店などに入る気がしなくて、何処にも寄らないで帰ってきた。
夫はそのまま会社に行った。

余り楽しく無かったが、日本での日曜日では珍しく酒を飲まなかったのは良かった。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-26 09:48 | デート日記

9月24日

長時間不在で家の中の事をとっちらかしてしまったので、バタバタと後始末をしている。

一段落したところで池袋に行って携帯の電池を変え、ついでに寄ったビックカメラで35ミリのレンズを衝動買いしてしまった。

カメラ持ち歩き歴15年目くらいにして初めてのレンズ購入。

またもや日本の接客レベルの高さに驚く。

それは勿論スムーズで気持ち良いのだが、慣れると自分が責任を他人に求め過ぎるようになってしまうという点では、返ってストレスにも感じる。

タイに居る間は、自分の選んだものの結果には、相手が店であろうが殆どマトモな責任など取ってくれなかった。
それが始めは大変だったものの、慣れると「アレが悪かったお陰で...」という思考が殆ど消えていた。
相手に怒っても無駄だと自分の甘さを恨むかしかなく、それもバカバカしいものだから諦めが早くなった。

それが発展すると、リスクを承知で利用する責任を自分が「負う」だけではなくて、リスクを下げるために出来る事を考えて対応→リスク回避する満足感を「得る」事が出来た。

そっちの方が私には性に合っていたのだが、時間の無い国では各人が専門分野においてハイレベルな仕事を果たさないと物事が上手く回らないんだろうか。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-24 18:13 | 日記

9月23日

a0036513_1415568.jpg
シゲさんと、新宿にご飯を食べに行った。

奇遇にもタイに行く前最後に会ったのも帰って来て最初に会ったのも同じ人となった。

しかも前回は名古屋で今回は東京。
私がタイに居る間に、シゲさんが名古屋から東京に転勤になっていたのだ。

「最後に名古屋で会った後、半年間タイに行ってたんだよ」と言ったらびっくりされてしまった。

更に、行く前よりやたらに元気な事や、飲みながらでもご飯を食べるようになった事にもびっくりされた。

シゲさんは何も変わっていなかった。
結構古い付き合いなのだが、私の友達の中では珍しくスットーンと明るく安定感の有る人である。

-----------------------

半年以上ぶりに日本の居酒屋のご飯を食べた。

日本のご飯、味が優しい〜。

「三種の豆腐」みたいな微妙な味わい違いのメニューとか、タイの人はどう感じるだろう。
味の識別は可能なのだろうか。

4時半〜7時頃まで居たから、ちょうど窓から青空→夜景が観られた。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-24 16:42 | お出かけ、イベント日記

9月22日

実家で過ごす。

地元の病院に行ったついでに少し近所を散歩をした。

a0036513_0497.jpg

a0036513_033093.jpg
台風一過の青空の下、花が咲き子供たちが遊んでいて、地震も津波も原発も台風も衛星の落下も遠い世界の出来事のようだ。

両親が自宅まで車で送ってくれたが、台風の影響か上りがめちゃくちゃ混んでいた。

帰宅してから美容院へ。
まだタイのリラックス効果は続いているが、やはり美容院は酒を飲まないと行けない。

しかし量を極力控えて行ったら、「今日はなんか暗いね〜、次はちゃんと喋ってよ〜(笑)」と言われた。
積極的に話さないだけで普通ににこやかに対応してるのだし、なんで美容院で私がサービスしないといけないんだ!

まあいいや。髪はスッキリした。

起きてるとまた酒飲んでしまいそうだったので早々に就寝。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-23 19:56 | お出かけ、イベント日記

9月21日

20日の日記は、19日分にくっつけて追加更新しちゃいました。

-----------------------

自宅のパソコンモニターが震災時に落下して壊れ、且つインターネット料金を在タイ時に滞納してしまったため、ネットも繋がっていません。
なので、メールの返信などが遅くなったりすると思います、すみません><

-----------------------

台風が来るというので、早起きして多摩の実家にお土産を届けに行った。
行ったというか、来ている。

台風を避けるために早く行ったと言うのに、久々に会った父親に地元のドライブに連れ回されてしまい、帰れなくなった。

台風すごかった。
あれが一日早く来ていたら、帰国できなかっただろうな。

時間切れだ。
ちょっと病院行ってきます。又あとで更新すると思いますー!
[PR]
by gisouchir | 2011-09-22 08:37 | 日記

9月19日-20日

在タイ最後の食事。

a0036513_196846.jpg
行ったのは、スクムビットSoi22を入って50メートルほど、右手奥のHONEY HOUSEというところ。

a0036513_1964891.jpg
食べたのは、グリーンカレーと、エビのグリル。
グリーンカレーは美味しかった。生姜が効いている以外に良くも悪くも特徴が無くて、タイ国外の人の口にも合い易そう。
エビはちょっと生臭かった。

この後、しつこくも屋台のガイヤーン(焼き鳥)を食べた。
美味しいなあ★、これを食べるためだけにタイに住んでもいい...かも。

---------------

そろそろパッキングをして空港に行く。

このパソコンは飾るために買ったのに、こんなに使うことになるとは。

さきほど、ステファンがひょっこり現れた。
月曜は放課後、エイミーちゃんの家庭教師の日では...。

今も周辺で「UFOは存在すると思う!」とか喋っているが、忙しいときなので若干邪魔だ。

ではでは、次回は空港か日本から更新すると思います。

---------------

a0036513_197498.jpg
その後、送ってもらって無事空港到着。

電車の中では、輪廻の話などを始めたステファン。UFOとか輪廻とか、『学研ムー』でも読んだのだろうか。
でも荷物を運んでくれて助かったし来てくれて嬉しかった。

4月に、カンボジアのホテルで「すみません、僕の部屋どこだか分かりませんか!?」という、分かる訳が無い質問をされたのが昨日のことのようだ。

ではまたいつか(今回こそ)!

最後にステファンが言ったことは、「またタイに来たら今度こそフレンチ行こう!」。
だからフレンチはイヤなんだってば...orz

a0036513_198281.jpg
バンコクに住む人にはお馴染みのこの顔(右上男性)。PEPSIのCMやポスターに大々的に起用されている人です。
何となく日本人ぽい顔なので目に付きます。

免税店で最後のお土産を買い、スムーズに搭乗。
飛行機は揺れることも無く、成田に到着。
機内で日付をまたぎ、久しぶりに『アメリカン・ビューティー』という映画を観た。こんな映画だったっけ。

成田は、9月なのに肌寒かった。
今回初めて新宿まで直通のバスを使ってみたらとても楽だった。

a0036513_1910458.jpg
新宿、雲が霞んでいる。
駅が節電対策で暗いことに少し驚いたが、半年振りという感じが全くしない。

a0036513_19102067.jpg
出た頃と気温が近いこともあるかもしれない。

成田から夫に「迎えに来てよー」と電話をしたが来てくれず、新宿からも頼んだが来てくれず、最寄り駅でもう一回頼んだら来てくれたが、15分待たされた。
駅から家は徒歩3分くらいなので色々と意味が無いが、まあ嬉しかった。

夫と話をしたが、やはり半年ぶりと言う感じが全くしない。
会った瞬間の会話は、「ああ、おかえり」「あ、ひさしぶりー」とかそんな感じ。
もうすっごく普通。

私は全く疲れておらず、夫を会社に見送ってから荷物を家に置いて池袋をうろつきに行った。
SoftBankのショップに行って携帯をひとつ解約し、iPhoneの使い方の相談もしたが、店員の対応が超絶丁寧でビックリした。
日本の接客って、すごいハイレベル。

夜、マクドナルドで待ち合わせをして、再び夫と会った。
やたら元気なので「あなた少しは疲れなさいよ!」と言われてしまった。

一度別れてからまた深夜に自宅で合流。
タイでの出来事を一人で喋り続けてふと気づいたら、夫は既に寝落ちしてた。
[PR]
by gisouchir | 2011-09-19 18:40 | 日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite