左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

12月30日 【Mangkut cafe/マンクットカフェ@ワンラン船着場付近】

夕方、ステファンとご飯食べに行ってきた。

a0036513_22553816.jpg
船から観たチャオプラヤ川の日没が、すっごく綺麗だった。
日没と船に乗るタイミングって今まで狙ってもなかなか合わなかったのに、何も考えてなかった日に限って運よく観られた。ラッキー。

a0036513_2534977.jpg
行ったのは、Mangkut cafe

a0036513_255352.jpg


a0036513_13515189.jpg
ここは、川沿い、インテリアがお洒落、安い、盛り付けが可愛い、店員さんも感じがいい、美味しい(ただし以前食べたパッタイは甘過ぎた)という素晴らしいお店。ワンラン船着場の近くに有って中心部から若干遠いけど、船着場からは遠くない。

a0036513_2554042.jpg
川沿いのテーブルからは、寺院が見える。

a0036513_2593774.jpg
帰り、船からワット・アルンのライトアップも見えた。

このあと、映画を観に行こうって事になって『ミッション・インポッシブル』観たけど、何言ってっかちゃんと解んなかった。
ああいうベタな映画だから解らなくても楽しいんだけど、もうホント、何でこんな毎日話してるのにちゃんと聞けて喋れるようにならないのか。
アメリカかイギリス辺りで暮らさないとダメなのか。
ところでこの映画はアップル社となんか契約してんのかな。iPhoneが滅茶苦茶フィーチャーされて映ってる。

あとまた話飛ぶけど、タイの王様って良くキャノンのカメラを持って写真に写ってるんだ。あれも何か契約が有るのかなあ。

アパートに帰ってから深夜缶ビールを買いに出たら、レジで缶を持つのを手伝ってくれた2人連れの日本人が居て、「ありがとうございます」って言ったら、その人は私じゃなくて連れの人のほうに「うそっ、タイ人だと思ったら日本人!」って言ってた。
まあ、夜中に、若くも無い日本人の女が一人で出歩いてるって、あんま無いのかも。

昼にも「あれ?あれ日本人?タイ人?」って言われた。
これはしょっちゅう有るんだけど、彼らは絶対私がその会話を聞いてるって自覚が無いのが面白い。どう考えても聞こえる距離に居るのにー。

顔は典型的な日本人だから、きっと服装や挙動がタイナイズドされたんだなあ。
[PR]
by gisouchir | 2011-12-31 14:06 | バンコクレストラン情報含日記

12月29日(木曜日)

また列車に乗ってきた。それから少し市内のデパートをはしご。
ちょっと疲れが溜まってきちゃったから、今日はそれだけしか動いてない。

フォンちゃんとご飯食べたいなあと思って電話したら、忙しい日で帰りが遅いらしく、ちょっとさみしくなって一人で飲み始めてしまった。

a0036513_16263095.jpg
ファラン・ポーン鉄道駅。

a0036513_15514530.jpg
こういう格好の人がこの駅にはいっぱい。

a0036513_15521195.jpg
目的地がどこなのか気になる。

a0036513_1552556.jpg
こういう作りのホーム好き。

a0036513_155651100.jpg
車両が、一両ごとに違う車種だったりするのが面白い。

a0036513_155745100.jpg
シートの色や素材も車両ごとでまちまち。

a0036513_1558610.jpg
隣に停車中の車両に、日本にはなかなか居ない感じの子供が。乗降口で争ってるまだ13歳くらいの不良少女が居たりもした。

a0036513_15593387.jpg
シートに座ってるのに飽きたので、乗降口に腰掛けて景色を眺める。切符を切りに来た車掌さんに「ジーン(中国)?カウリー(韓国)?」って聞かれたので「コン・イープン(日本人)、カ」って答えたけど、何故か通じない。何度か繰り返し言ってみて学んだ、タイ語の一部の「イ」は滅茶苦茶口を横に開いて音を出さないといけないらしいと...(市内の人は外国人慣れしてるからカタカナタイ語で結構通じる)。

a0036513_164368.jpg
バンコク市内に戻るといきなり都会。ここはMRTのラマ9駅に出来た新しいデパート。まだ絶賛クリスマス中。

a0036513_166293.jpg
こっちは、BTSアソークに出来たターミナル21。新しいデパートや建物がどんどん出来ていく。2月にはイケアも出来る。

a0036513_16131951.jpg
なぜかデパートをはしご。ここはBTSチットロムのセントラルワールドと言うデパートの前。人々はガネーシャに祈ってる。

a0036513_16133579.jpg
ガネーシャはタイでも人気が有る。

a0036513_16135394.jpg
その近くの屋台で食事。ネイさんは居なかった。

a0036513_16143218.jpg
ここのプラー(魚)のタレは美味しい。魚が塩焼きなのに更にナンプラーの入ったタレが出てきたり、逆にべたべたに甘いタレだったりする事があるのだが、ここのは適度に甘くてニンニクと唐辛子が効いてる。

a0036513_16171582.jpg
友達のモタサイドライバーズのひとり。
[PR]
by gisouchir | 2011-12-29 23:50 | バンコク滞在中日記

12月28日(水曜日)

ね、眠い。
昨日も良く寝たのに、昼間のあまりの運動量に体が「もう寝ろ」と訴えてくる。

今日も暑い中(タイも今冬だけどやっぱり暑い)、7時間くらい歩き回ってきた。
自分メモを兼ねて今日のコースを、書き出してみる。

スクンビットエリア

BTSサパーンタクシン駅
(徒歩)

サトーン船着場(ここがBTSと船着場が最も近い接続ポイント)
(チャオプラヤエクスプレス(ボート))

ラーチャウォン船着場(チャイナタウン最寄の船着場)
(徒歩)

フアランポーン鉄道駅(=バンコク中央駅)
(タイ国鉄)

バン・スー鉄道駅(MRTとの接続ポイント)
(徒歩)

MRTバン・スー駅
(MRT)

MRTガンペーン・ペッ駅(チャトチャック市場最寄)

スクムビットエリア

と言う感じ。
BTS、MRT、国鉄、船を網羅できるし、これを辿るとスクンビットの都会的なところから、チャイナタウンやチャトチャックなどの観光地、鉄道付近のローカルなところまで味わえて我ながらなかなか良いコースだと思った!!

ローカル列車はすごく気に入ったので、また来てみようと思う!

夜、旦那と1時間以上スカイプでチャットできた。
話さなきゃいけない実務的なことも有るのに、なんかいつも話が脇に逸れてどうでもいい話を怒涛のように話してしまう。
何とか時間を作って4日間くらい来てくれと言っているが、なかなか来ない。来たら、私が隅々まで案内してあげるのにさ!

a0036513_9524399.jpg


a0036513_0144260.jpg
中国人街で、フカヒレスープを食べてみた。

a0036513_95322100.jpg
一番安いのを頼んで、"小片"って書いて有ったから、きっとバラバラに割れたやつかと思ってたら、小さいけどちゃんと完全形なのが幾つも入ってた。不味くも美味しくもなかったが満足。というかチャーハンのほうが、普通な感じでとても美味しかった!

a0036513_9544314.jpg


a0036513_0201173.jpg


a0036513_0203770.jpg
ローカル列車に乗ってみる。これに乗って、チェンマイとかカンボジアの近くまでも行けるみたいだ。アユタヤかカンチャナブリーくらいまでなら行ってみようかな。でも本格的に誰も英語喋らない。ちょい怖い。タイ語読めないから、着いたのか人に訊かないと分からないんだよ。(って私、英語もまだ相っ当ヤバイんだけど...)

a0036513_0221329.jpg


a0036513_023272.jpg
車内は、昔の上野駅みたいに、出稼ぎの人がいっぱい。バンコクのBTSやMRTを使う人の層より明らかに貧しい人たちが多く乗ってて、少し厳しい雰囲気があった。

a0036513_0243126.jpg


a0036513_0245838.jpg


a0036513_9565329.jpg
今年末年始のせいか送金の到着が遅れてて、既に手持ちが15000円を切るという異常事態に。
いくらタイでも日本円タイバーツ込みの全財産15000円切ってるのはヤバイ。

前回在タイ時の最後の送金は結局帰国に間に合わなかったし(最終的にお金は日本に戻ってしまった)。
ふ、不安だ。年明けまでに着金しないとベトナム行けない!
しかし少しでも現金をキープするため、クレジットカードを使おうとするとレストランかホテルに入らねばならず、何故かフカヒレ食べてたりすると言う訳の解らない感じに。

ちょっと、近所の象神様にはやく着金するように祈ってくる。
[PR]
by gisouchir | 2011-12-28 20:45 | バンコク日帰り観光含日記

12月27日(火曜日)

もう年末だなあ...。

23日から飲んでばかりだったので、今日は飲まない日。
不安定期を一度乗り越えたら、本当に憑き物が落ちたように元気。
それ以来、やっぱりタイに居ると二日酔いになっても、脱力して気持悪いだけで精神汚染が来ない。これ本当に不思議。

夕方ちょうど酒が抜けたころにステファンから連絡が有って、ちょっとブラブラしに行った。
チットロム?プロンチット?どちらかに行ったんだけど、あれいつもどっちがどっちか解らなくなる。

歩いてる女の子を見て、「わ、あの子可愛い、超タイプ!」と言ったら、「『なのに何で私はハゲた男と一緒なの!?』って思ってハッピーじゃないんでしょ、ゴメンねー、ヒヒヒ」って謝られた。
悪いと思うなら次回までにフサフサになって来い。

ステファンと別れてから近所を歩いてたら、フィクレ(ドバイで金を売ってるエチオピア人)にバッタリ会った。

最後に会ったのはまだ夏で、いつまた来るとも伝え合わずお互いの自国に帰ってしまったので、もう一生会えないと思ってたから、嬉しい!

そしてさらにまたケヴィンさんともバッタリ。
この街狭過ぎ!!

夜は、スーパーで買ってきた牛肉焼いて、ほうれん草のソテー作って食べた。美味しかったあ。

地味ながら、割と楽しくて嬉しい事が多い一日だった。
[PR]
by gisouchir | 2011-12-28 10:18 | バンコク滞在中日記

12月26日(2)

その後、近場へお散歩に行った。

普段通る事が無い所なので、旅の恥はかき捨てとばかりに、その辺の人に話しかけてみたりしながらブラブラして来た。
写真に写ってる焼き鳥が、私がいつも好きだと騒いでるガイヤーン。
モモ肉より、パサパサの胸肉が何故か好き。

そう言えば最近、近所ですれ違うと私の名前を呼ぶ人が増殖してるんだけど、こっちは相手の顔も知らないんだ。

a0036513_1253120.jpg


a0036513_125566.jpg


a0036513_1264777.jpg


a0036513_127716.jpg


a0036513_1273641.jpg
散歩は楽しかったものの、ドタキャン日本人の件で夜になって再びイライラしていたら、シュウさんがチャットでかまってくれた。
シュウさんには、困ってるとき何故かよく助けてもらってるような。

その日本人、私が「人の一日ふいにしておいて、Sorryの一言は無いんじゃない、もう少しちゃんと謝ったら」というようなメールをしたら、「一日って、約束したのはランチだけじゃん。こっちは仕事してるんだから、そんな言い方すんな」みたいな返事が来た。

「へ?」あの、私「絶対来い」って言ってるんじゃなくて、「それなりの謝り方したらどう」って言ってるんだけど。ダメだこりゃ。私は彼女でも奥さんでもないのに仕事は免罪符にならないし、例えばランチに3時間会うのに相手からその3時間しかもらってないと思うとかバカでしょ...。

この日は一人で飲み始めてしまい、そして飲み過ぎた。
[PR]
by gisouchir | 2011-12-28 01:33 | バンコク滞在中日記

12月26日

日本人の友達に約束ドタキャンされたよ!

午後2時って一日のど真ん中に約束入れておいてドタキャン?一日丸潰れなんですけど?
朝か夕方ならまだしも、これは腹立つわ...。
病気に限っては仕方ないけど、仕事か。それもそれで仕方ないけど、"Sorry"(この人は在タイが長いので英語でメールしてくる)じゃなくてもうちょっとちゃんと誠意有る謝り方か説明をして欲しいものだ。

当日じゃなくて前日から会うと判ってた場合って、相手が男女問わず誰であれ相手が比較的好きそうな服を選んで、シャワー浴びて化粧して待ってる訳でしょ。
簡単にドタキャンするなよ、言い出したのだって向こうだし、朝5時に起きてしまってもご飯だって食べずに待ってたのにマジむかつく。

今、ものすごくけたたましいメッセージを送ってしまったので、もうお付き合いできないだろうなあ。
まあいいや、一緒に居てもそんなに楽しくないし。
ていうか、居ても楽しくない人なのにOKしちゃって準備してドタキャンされてるから必要以上にムカついてるんだよねきっと!
そういう意味では、相手の人格以上にタイへの詳しさとか美味しいランチに連れてってもらう事に期待してた私もずるかったんだよね、反省した!

もうほんとこれからは、私が勝手に会って欲しい人か、一緒に居て楽しい人としか会わないぞ!
[PR]
by gisouchir | 2011-12-26 15:46 | バンコク滞在中日記

12月25日

メリークリスマス(二回目)。

「今日は家でダラダラして終わり」と思っていたら、カトーさんが近くに居ると言うではないの。
「顔見に行くよ!」と言って出かけて、そのまま軽く飲みに行って来た。
最終的に辿り着いたのは昨日と同じ店で、しかも何故か昨日と同じ席で飲んでいるという不思議感覚。

カトーさんは私よりだいぶディープにタイを知っているので、色々話を聞いて驚く。

a0036513_21535911.jpg
っつか、タイ人の夜の女の子ってそんなに薬やってんの!
こええ。私、薬だけは絶対手出せない。

=====

フォンちゃんにタイ語のメリークリスマスを電話で確認してみたよ。
「ソウクサン・ワン・クリスマス」だって。
ちゃんとタイ語、有るんだ!なんか感動した。
世界中でみんなが同じ日にクリスマスしてるのに、どの国も違う言葉と違う慣習でやってるって面白い。
フォンちゃんは、今悪い風邪を引いていてかなり酷い鼻声、かわいそう...。

ところで、フォンちゃんは日本語が結構イケルのだが、彼氏が欲しいという意味で「オトコ、ホシイ」っていうwこれ「カレシ」か「ボーイフレンド」になおしてあげた方が良いのかな!?でも間違ってるわけじゃないんだよね。

あとSNSで知り合い程度のブラジル人は、やはり簡単な日本語を知ってるが、主語が「オレ」と「オマエ」なのが面白い。"Ore'd like to know omae kuni"(私はあなたの国を知りたいです)みたいな感じw

私の英語がヘボいから、回りに来る人も非ネイティブの面白言葉の人ばかり。

=====

タイに居ると日本語を読まない友達が多いから、こうやって相手のプライベートにちょっと触れる事もあまり気にせず書けるのは気が楽。

言って良い事と悪い事が有るのは変わらないけど、やはり相手が読む可能性が判ってるとどう捉えられるか想像できない事も有ってかなり制約を感じる。

その反面、私芸能人ブログみたいに、誰と会っても「○○ちゃんと会いました、相変わらずとっても素敵で、これからもずっと仲良く出来たらいいな」みたいなの読むとウエッて思うから、バランス取るの難しい。
[PR]
by gisouchir | 2011-12-25 21:33 | バンコク滞在中日記

12月24日

メリークリスマス。

「今年のクリスマス、あなたはタイのアパートに住んでいて、朝からチビチビビールを飲み、夜はフランス人の友達と遊びに行きますよ」なんて、どんな占い師も言わなかった。

でも今年のクリスマス・イヴに最も印象的だったのは、「暇なビッチはコールミー」とか言ってウェブに電話番号載せてた友達が居たことw


夜、ステファンと遊びに行った。

思ってたより全然楽しかった。
今日会うのは若干気が重かったけど、結局サラッとしてたから良かった。

5時間くらい、ひたすら色々なことを話した。
ステファンの英語をバカにしてるけど、やっぱ言いたい事が全然スムーズに出てこないのはまだ私のほうだなあ。残念。

お互いの国のクリスマスを事細かに話してみたけど、向こうのクリスマスはイルミネーションが滅茶苦茶綺麗らしい。いいなあ。美味しい牡蠣食べられるのもうらやましい。
私もいつも日本自慢をするけど、日本のあれこれは文化がミックスされまくってて説明しづらい。あとクリスマスについては余り自慢できない事ばかりだ;

私の居る辺りは夜になると外国人ばかりで、タイ人のクリスマスは良く見えなかった。
旅行で来てる外国人たちは、めっちゃ酔っ払って羽目をはずしていた。たぶん明日の朝は道路にゴロゴロ死体が有るよ(毎朝一人はファランが酔いつぶれて道の端で寝てる)。

眠い、お休み。
タイ語では、日本と同じで「メリークリスマス」って、そのまま言うみたいだ。

a0036513_2156260.jpg

[PR]
by gisouchir | 2011-12-25 04:38 | バンコク滞在中日記

12月23日

今日はツイてない。

ただ一点、二日連続で旦那から電話が来たこと以外(1分だったけど)。

朝起きたら、ステファンから前夜付けで不愉快琴線に触れるメールが来ていた。
電話抗議してみたものの、起き抜けで起き抜けの人に掛けてしまったので口が渇いて舌も回らず「ちょ、おま何言ってるかわかんないw」「オマエモナー!」みたいになって切ってしまった。そのまま電話出てない。

出かける支度をしてデパートに行ったら、開店10分前。
デパート前のベンチに腰掛けていたら、かなりしつこい物乞いが。3分くらい絡まれ続けた頃やっと警備員が(ずっと目の前に居たジャン!)来て助け船を出してくれた。


気を取り直して中国人街へ。
(サクッと行った感じに書いてますが、結構遠い場所です)

なかなか楽しい。
ぶらぶら。色んな事に心が震える。しばらく幸せ。

いつも日記に写真を付けてるけど、写真なんて実際見てる一番いいところは全部抜けてる。
知らない人に「写真撮らせてください」とか余り言えないほうだから、小さいコミュニケーションをとった人たちの事も、私の頭の中にしかないし。
感動する事は、写真に撮るならカメラを構えられない程些細な一瞬か、覚悟の有るプロ以外は無神経な人しかカメラを構られない雰囲気の中に有るっていつも思う。

あと、中国人嫌いだったけど、やっぱり中国人も素敵な眼差しをしてるなあと思った。

そして、お昼。

お昼は、前から気になっていた上海マンションという小さなホテルで食べるか、中華街のフカヒレスープにしようと思ってた。

結局、上海マンションへ。
もう、ここが色々がサイテーで、初めてレストランで文句を言った。

書き連ねてもなんら面白い事もないから書かないけど、決定的だったのは、私が食べ始めてから食べるのを諦めて帰るまでの30分以上、私の半径5メートル以内をずっと掃除のおばさんがモップでゴシゴシ床掃除してたんだよ。

ただ、担当の人が感じのいい人で、「ソーリー!ソーリー!アーッ!」って言ったあと、まるで「アイヤーッ」とでも言いそうな感じに自分のハゲオデコをペチペチ叩いていたのが超可愛いかったから許す。むしろ元取った。

ここ、ハリボテ感は否めないけど、安くてインテリアが可愛いんだ。
そう、値段が「10倍」って言うのは、案外安いのだ。表で食べて100円なら、ここで1000円ってことだから。
しかしこれを考えると、同じ価格帯で調度が本物だったナ・アルーン・レストランは超優秀。バンコクでカジュアルレストランならそこがおススメ!

ご飯を食べて(と言うか半分残して・怒)、またてくてくと歩く。
インド人街で質素なテナントビルに入ってみると、中国の景色で布を売る印華僑。それはまさに、香港の重慶マンションにそっくり。「ここ来た事が有る!」と本気のデジャヴに陥った。
(韓国の東大門市場にもちょっと似てる)

それから結局道に迷ってしまい、迷っていたら花市場に着いた。
白いハスとランの花を買って両手がふさがってしまったので、何処も行けなくなって近場に有ったメモリアルブリッジ船着場から船と電車に乗って帰ってきた。
考えて買えばいいのに、アドレナリン出ちゃった。

更にツイてないことには。
帰りの船でへんてこタイ人に捕まってトリプルちゃんぽん語(泰・英・日)で話しかけられて何がなんだか全然分からず戸惑いテンパり。
お腹が空いたので、鉄板の大好きなガイヤーンを買って食べたら、過去最高にいけてないお味に当たってしまい。

今晩は良い事有ります様に。
って思いたいけど、今日も歩きすぎてもう眠い。

a0036513_20414578.jpg


a0036513_20424597.jpg


a0036513_2043593.jpg


a0036513_20435375.jpg


a0036513_2044185.jpg


a0036513_2243351.jpg


a0036513_2243153.jpg


a0036513_22433080.jpg


a0036513_22434146.jpg


a0036513_22435991.jpg


a0036513_2244159.jpg


a0036513_2244402.jpg


a0036513_22445439.jpg


a0036513_2245397.jpg


a0036513_22455846.jpg


a0036513_22461691.jpg


a0036513_22463122.jpg


a0036513_22464945.jpg


a0036513_2247460.jpg


a0036513_22472953.jpg


a0036513_2247516.jpg

[PR]
by gisouchir | 2011-12-24 13:39 | バンコク滞在中日記

12月22日

昨日「何も無い」と書いたピンクラーオ。
しかしちょっとネットを見てみると、動物園があるという情報を得た。しかもデパートの中に有るにも関わらず、トラまで居るとか書いてある。

相当胸をときめかせて行ってきたところ、想像以上にすごい!!

そのデパートは「パタデパート」という非常にローカルな匂いのするデパートで、その6階と屋上の7階が動物園。

6階は、殆どの展示は蛇。それとワニとかカメとかそんな感じのもの。
そうだよね、オープンエアーじゃないのにちょっとでもケモノ飼ったら匂いがえらい事になるよね。
他に客も居らず暗い中、四方八方を音も立てない蛇の展示に囲まれて歩いてると、動物園なんだかお化け屋敷なんだか判らなくなってくる。
「蛇とか、ナニゲに脱走したりしてないよね…?」と不安に慄きつつ歩いていると、床を走る巨大ネズミに遭遇してほんとビックリした。

ただ従業員は常に清掃を行っていて、可能な限りは清潔に保たれてる感じ。

それにしても、人が居ないこの動物園、「2011年12月22日にここに来た日本人はたぶん世界に私一人」と思うと、意味無く誇らしい気分にもなってみたり。

デパートまでは、チャオプラヤ河をボートで北上してプラピンクラーオ船着場で降り、10分ちょっと歩いて着いた。
ピンクラーオエリアの印象は、か・な・り、ローカル。
大体の観光客はバンコク中心部から見て二つ手前の船着場であるワンランで降りてしまうらしく、この付近に外国人は殆ど居ない。なので、街では結構「あ、外人」って見られる感じ。
あと、バンコク中心部での観光客は、「タイ語を喋ってる」んじゃなくて「聞きとって貰ってる」んだと理解した。観光客慣れしてないタイ人相手に観光客レベルのタイ語はほとんど通じなかった。

話は戻って。
7階は、ザ・動物園なラインナップ。
ヤギ・ロバ・ポニー・オウム・トラ・ホッキョクグマ・10種類くらいの鳥類・オランウータン・ゴリラ・マントヒヒ(他サル系が多種)などが居て、相当充実してる。
こんな動物園が、ローカルデパートの屋上にあるなんて!感動!
そして、どの動物もとにかく近い。トラですら、手を伸ばせば檻に触れられる近さ。特にサルの類は向こうも手を伸ばしてくるからこちらがその気になればいつでも触れる、ってくらい。

ここに来て、ようやく私以外の客が。でかいカメラを持ったファランだ。ものすごく熱心に、写真撮ってる。
実は私のカメラは朝一番で壊れてしまい、この日はずっとiPhoneで撮っていた。で、iPhoneのバッテリーも切れそうになったので、「本当に壊れちゃったのかなあ」とカメラを触ってみると、動くではないの。でも、数日前から不調だったので、またいつ逝くか解らない感じ。

カメラが無いと、自分が本当に行きたい所に向かってるかどうかハッキリするからそれは良かった。毎日撮ってると、なんかカメラに縛られてると感じる事がある(画になる場所のほうに向かってしまう)。
あと、iPhoneで撮ってみるのは結構面白かった。
陰影は綺麗に出ないから、光が平面的なところでも撮ってみようって気になれる。人に気付かれにくいから、街の様子を撮る時も気軽。
と言うか、私はなぜあんなに無駄にでかいカメラを普段から持ち歩くのか自分でもちょっと疑問w

とにかく動物園は、すごく満足した!

こちらに来る前に、市場を見ようとまたワンラン船着場に寄ってみたり、そこでご飯を食べたりもした。

今日は二箇所でご飯を食べたが、一軒目では食べながらハエの交尾を初めて見た。二軒目ではテーブルにゴキブリが居て「ゴキってナニゲに人には一定以上近づかないよな」と高を括って放っておいたら、テーブルから太ももの上に落ちてきた。
もうね、これでお腹壊さなかったら、研究機関は私の遺伝子研究したほうがいい。

=====

今日、ついに旦那から電話があった。

もうLAに居るらしい。
「会いに行きたいなあ」と言ったら、「ライブスケジュール見て、来れば(直接会場に)?」と言われ、その投げやりな感じにシビレルも、ウチにはもうそんな余裕ないんれす。

ウチの旦那は預けた分の家計に無頓着で、「ヨメがタイに行ったからお金は残ってないだろう」ではなくて、「タイに行ける位だから有るんだろう」って考えるタイプ。
半年居ると、服飾費のかからなさと物価の安さで、航空券や居住費などの元取れるんだけどね。

そんな訳で、全然ないんれす、ごめんなさい。

a0036513_11162210.jpg


a0036513_11163593.jpg


a0036513_11164789.jpg


a0036513_11165965.jpg


a0036513_11171597.jpg


a0036513_11172394.jpg


a0036513_1117357.jpg


a0036513_11174632.jpg


a0036513_1117572.jpg


a0036513_1118846.jpg


a0036513_11183916.jpg


a0036513_11185376.jpg


a0036513_11191141.jpg


a0036513_11192449.jpg


a0036513_11194283.jpg


a0036513_11195467.jpg


a0036513_11201921.jpg


a0036513_11203039.jpg


a0036513_11204449.jpg


a0036513_1121093.jpg


a0036513_11211472.jpg


a0036513_11212642.jpg


a0036513_11214021.jpg


a0036513_11215413.jpg


a0036513_112268.jpg

[PR]
by gisouchir | 2011-12-23 02:40 | バンコク滞在中日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite