左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

1月31日(火曜日)-前半

今日は夜まで予定が有るので、日記を前半後半に分ける。

----------------------

昨日無くしたものというのは、タイの銀行のキャッシュカードであった。
しかも、夜中それに気づいた時の財布の中身は60バーツ(150円ほど)。

通帳を作る時に印鑑は用いないので、果たして通帳だけで下ろせるのか、下ろせないとしたら即日キャッシュカードの再発行は可能なのか。銀行が何かしらの休業日だったらどうしよう、などと考え出したらドキドキして眠れなかった。
(タイミング的に、今は家賃を払う直前でもあり、引越しもベトナム出入国も近い。いずれにしても150円てw)

無くしたのは、昨日の朝ATMに寄った時に違いない。
言い訳だけど、タイのATMは出てくる順番が「お金→(レシート→)カード」なので、これが結構危なっかしい。ボーっとしていると、お金を受け取った時点で「目的達成」という心理が働く。カード忘れて行ってもピーピー鳴らないし。
気を付けていたつもりだったが、気が緩んでたんだと思う。

初めてタイに来た時点では、英語は飛行機に乗ったりホテルのチェックイン・アウトがやっとな程度で、タイ語は「こんにちは」すら言えなくて、BKKの何処に何が有るかも全く把握出来ていなかった。
だから、パソコン・パスポート・携帯電話・帰りの航空券・財布はどれも殆ど命の次に大切な感じで、いつも自分以外に数人の身の安全を保護して連れて歩いてるみたいな気分だった。

最近はもう日本に居るみたいに(以上に?)リラックス状態だったのだけど、ちょっと気をつけなければ。

a0036513_10451721.jpg
アサイチで銀行に行って、カードの再発行をお願いした。
結果的には、ごくスムーズに再発行してもらえたし、通帳だけでも引き出しは可能だった。
手数料は、150バーツ。口座内に有れば、手元に無くても大丈夫。

ついでに、ちょうど良いチャンスだったので、昨日手にした謎の20バーツについてiPhone画面の写真を見てもらって質問したら、旧紙幣だそう。そうだったんだー!見たの初めてだった!
a0036513_1920381.jpg
これが謎だった20バーツ。
a0036513_18501671.jpg
こちらが2012年においてお馴染みの20バーツ紙幣。
a0036513_1852719.jpg
銀行の窓口の人が、手数料を払ったお釣りのときに「これは新50バーツ紙幣なんだよ」って出してくれたのがこれ。お、前のお札に比べて王様がお年を召されてる。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-31 18:59 | バンコク滞在中日記

1月30日(月曜日)

今日は久々に家で一人で過ごした。

平穏な一日だと思っていたら、大事なものを紛失。私のバカ。
それを何とかするために明日忙しくなってしまいそう。ううう。

宵、ステファンとスカイプ。

昨日の様子はどこへやら、相変わらず楽しそうだ。
四方山話をしたり、学校の話を聞いたりなど。

今朝、女子生徒の肩にさり気手を置いたら「胸触られた!」と騒がれて他の教員まで呼ばれてしまったというステファン。
「触ってないぞ!って言うか触る胸がどこにも無いじゃん!真っ平らでまるでテーブルじゃん!!」と激しく主張したところ、周り納得→解決だったらしい。
ありえない...日本だったらこの数センテンス中だけで3回首になれるネタが盛り込まれてる。

またこれは数日前、唐突に「俺は仕事場ではデキルんだ」と言いだされ、全く信用しないで流してたら、「如何に仕事をしてるフリが上手いか」を具体的にとうとうと語られてた。
しかも本人そこがすり替わってる事に気づいてない。

このように、ステファンの話というのはいつもポイントがどっかにズレてくので、面白いけどたまに腹が立つのであった。

夜は、久しぶりに旦那とスカイプ。

は、話が難し過ぎて付いて行けない。
「その理論で行くとすなわち...」とか普通に言われるんだけど、BKKで一番仲が良いのはあんな人だし、日本人でもBKKに居る人って難しい事言わないタイプの人が多いから、それに適応してしまって理解できない。なまじ英語で喋られるより頭を使った気がする。日本ではこれが家庭内での普段の会話だったはずなのに...。

そして私が個人的にしてるネットウォッチを勝手にまとめて報告してみたり、今日唐突に思い出した「ほとんどビョーキ」という懐かしのフレーズで妙に盛り上がる。

話は大体聞いてることが多いほうなのだが、旦那との間だけは8割私が喋っているので、あまり「こんな事を言ってた」と書くネタは無い。
ただ今日は唐突に、「反米と殴り書きしたヘルメットをかぶって行ったりしないんで(※1)、日本に帰国したらディズニーランドにいっしょに行きましょう」と言われて驚いた。
なぜ嫌いなはずのディズニーランドに?チケットでも貰ったのか訊いたら、違うらしい。
何だ、なんかオカシイぞ。

まあいいや。
今日はたくさん話せて良かった。

で、一日で合計4時間くらいスカイプし、座り過ぎで腰が痛い。

(※1)
旦那は国粋主義者で反米。半分冗談だけど半分本気なところがこわい。

+++

a0036513_8144946.jpg
この花長持ち。綺麗だなあ。暑いから、バラはいつもすぐ萎れちゃうのだが。
しかし、この真っ赤な花が目に入る度に、血尿を連想する。あ、禁酒二日目も問題なく成功。

a0036513_816331.jpg
ヤモリが蟻んこを捕まえて食べる様子をしばし観察。可愛い。

a0036513_18354416.jpg
夜、コンビニにご飯を買いに。
今日食べたのコンビニご飯と冷蔵庫にあったキュウリだけだ、不健康。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-31 12:32 | バンコク滞在中日記

1月29日(日曜日)

これだけツイてない事も珍しいという程ツキに見放された一日だった。
ツイて無かった話って書いてると悲しくなってくるからその辺は書かない。

a0036513_52388.jpg
ボート(ボートって言うと大袈裟だけど、水上を走るバス)で、タイ料理のお店にご飯食べに行って来た。
もうこのお店も、サイテーなので紹介しない。サイテーなのも逆に紹介したいのだが、今日のは書く作業中に不愉快になるのが判ってるので止めておく。

a0036513_522624.jpg
最近登場し過ぎなステファンと一緒。
飲み物は、スイカシェイク。

a0036513_5223826.jpg
こっちはパイナップル。
かくして、禁酒1日目は成功。家に居れば余裕なのだが、人と一緒に食事をしに行くと禁酒は結構難しい。
ステファン、これの前にビール1杯飲んでるし。それを横目に見つつ飲まなかった自分エライ。

a0036513_5243734.jpg
ムール貝のハーブ蒸し、美味しい。味もさることながら、この位大振りでしっかりした一品になってるのを日本で食べたら高いので、400円ほどというのが嬉しい。

a0036513_525628.jpg
魚、まずい!なんじゃこりゃ。チャーハン、塩っぱい!

写真に撮らなかったトートマンクン(海老のすり身揚げ)は、衣サクサク中はプリプリで美味しかった。ただこのメニューは、どこで食べても割と安定して美味しい。

この食事の間(というか前から)、緩急は有りつつもずーっと喧嘩してた。
喧嘩と言うか、ステファンの言動に私が度々イライラしたり怒ってただけとも言える。

つるみ過ぎなのがどう考えても最大の原因だと思うので、激昂してとかではなく冷静に「今日はもうお互い帰ろうよ」と何度も言ったのだが、この人はどうしてもその場で喧嘩を修復しないと気が済まないタイプらしく、ああでも無いこうでも無いと色々喋ってくるので余計イライラする。

いい加減腹が立って、何だか謝られてたのに対して、笑って「いいよいいよ、どちみちあと数日のことだから」(ステファンはあと3日か4日で他の国に移る)と言ったら泣き出されて、もう何がなんだか。

結局2時間くらいレストランでごちゃごちゃ言ってた。幸い川沿いで音の散り易い感じのオープンエアだったから、おそらく周りの人に害は与えてないはず。

a0036513_5234626.jpg
どうしても喧嘩したまま帰るのが嫌らしいので、ローカル列車に乗ってみたりなどする。
が、やはり喧嘩(イライラ)する。

a0036513_524934.jpg
駅の売店。

この写真は、私の今の心象風景を表現している気がする。
うるさそうなテレビ→ステファン、ウンザリしてるっぽいおばさん→私。
疲れたー。

+++

全然関係無い話。

バンコクでは、入場料や食堂の価格でタイ人と外国人の値段設定が違うということがたまに有る。

食堂で、英語メニューも有るけどそんなに外国人が多くないようなところに入るとき、何故かタイ語メニューを渡されることがある。
私はタイ語は読めないが、タイ語メニューも写真付きだった場合は明らかに下手糞な片言タイ語でも、タイ語で注文するとタイ人価格で出してくれる。
ふと分からなくなって英語を何か一言話すと、しれっとメニューを英語のメニューに交換されるw

タイ人価格だったときに何でその店の価格設定が外国人と別れてるのが分かるかというと、店先に置いてあるのは英語のほうだから。「あ、価格違う」、と。

これ、確かそれぞれ2回くらいずつ経験が有るのだが、私の経験が特殊なのか良く有ることなのか、ちょっと長期居る人に聞いてみたいと思ってる。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-30 16:46 | バンコク滞在中日記

1月28日(土曜日)

夕方頃まで二日酔いで死んでた。

前回タイに来たときは酒量激減してたのに、最近むしろ東京に居るときより増えてる。

でも相変わらず楽しく飲んでは居て、二日酔いもフィジカルにしかダメージが来ない。酒飲むと醒め際に高確率でパニック発作を起こしてた頃とは全然違う。

ただ、今現在の私は最低3日間は禁酒が必要、出来れば5日間。
何故って、今日の夕方思いっきり血尿出したから。

下の話で申し訳ないのだが、こんな血に近い血尿出たの初めて!
ピーク時は、見た目は普通に血だった。
タイってほんとに初めて尽くしの国。

原因は、元々長引いていた膀胱炎に、昨日の深酒で追い討ちをかけてしまったからだと思う。
血もビックリしたが、膀胱炎はこじらせると結構急速に我慢ならないくらい痛くなるので怖い。

酒を飲み過ぎて膀胱炎こじらせて血尿出して騒ぐという、もうバカとしか言いようの無い状態の私を心配して、ステファンが様子を見に来てくれた。
しかも、元気が出るようにとアレンジメントフラワー持って来てくれた。う、嬉しい。すごい可愛い。

ところが、ステファンもなんか具合悪そうだ。
口数が少ない。これはおかしい。
聞いてみれば、結局昨日の貝に当たってしまったらしい。

a0036513_4294675.jpg
口に出したら余計具合が悪くなってきたようで、薬局で買ってきた薬を飲んでいた(テーブルの上のやつ)。

あんなにビクビク食べててまんまと当たるなんてw
朝も昼も食べてなかったらしいので貝以外考えられないが、全部同じものを食べたのに私のほうは全く平気だった。

私も薬を飲んだおかげ様様でだいぶ症状が緩和され、2時間ほどでステファンが帰る頃にお手洗いに立った時には、痛みも大体治まって血尿も真っ赤ではなくなってた。

今日もお互い夜まで何も食べてなかったので、送りがてら一緒に深夜営業のスーパーに買い物に行った。
一緒に食べる訳ではないので別々に買い物をしていたが、「サラダ見つけた」とか見せに来る。「ふーん」と流すと、「サラダ買うんだ」とかしつこい。
私がよく「もっと野菜を食べろ」と言うからだが、5歳児か!
褒めてもらうためじゃなくて自分のためにやるんだって、解ってるのだろうか。

ステファンを見送ってアパートに帰り、スーパーで買ったおにぎりと、屋台の焼き鳥と、ソテーしたほうれん草を食べた。

今日は会わないと宣言していたのでちょっと微妙ではあったものの、血尿出たとき結構焦って不安になったので、正直来てくれて嬉しかった。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-29 04:49 | バンコク滞在中日記

1月27日(金曜日)

昼過ぎまでインターネットを介してごく地味な雑用。
夕方、ステファンとトンローで合流。

最近毎日会うたびに「明日空いてる?」と言われ、空いてるので「空いてる」と言って予定が入ることとなるが、タイの友達は大体当日に「今日空いてる?」と連絡してくるので、それを断ることになってしまう。

それで半分無意識にイライラしてて、歩いているとき横道から出てきた車に、私も気づいてたのに「危ない」と行く手を遮られた瞬間に一気に腹が立って「もう家に帰れ!」と言って帰ってしまった。

a0036513_1781533.jpg
空飛ぶお坊さんがいた。

最寄り駅を歩いていたら電話がかかってきて謝られ、結局オンヌットのナイトマーケットに行くことになった。

その前にロータスというとても大きいスーパーに寄って食材売り場を延々とぶらぶらした。
私はスーパーの食材売り場がすごく好きで、色々観てたらとても楽しくなってきた。
タイのニンニク、白と紫があるけど、味違うのかな、紫のほうがちょっと高い。冬瓜は"winter watermelon"ってラベルが付いてて、漢字と似てることに感心。野菜も魚も美味しそう。味の付いてない海苔が売ってない...。
葡萄やキノコの種類と味がどうのこうのとか、お互いキャットフードを食べた経験がある話などをしつつ歩いた。

a0036513_16382451.jpg
少し休憩をしようと、フードコートに缶ビールを持ち込んで飲んだ。ひとつ向こうの席の学生たちがすごい楽しそう。

ナイトマーケットは、余りの暑さに3分で歩く気を無くし、屋台でビールを飲むことに。
屋台では幾つかの決まったものしか食べたことがないと言うので、それ以外のものを適当に選んでサーブして差し上げた。

a0036513_1654614.jpg
魚の塩焼き。
ご飯とおかずという概念で食事をしない文化の人には、皮をとっても塩っぱいらしい。でも美味しいと言っていた。
豚足煮込みは不評で、野菜と卵しか食べられないっぽかった。そう言えばいつも脂身とか除けてるもんな。

a0036513_16562750.jpg
口の開いてない生煮えの赤貝。爪や指でこじ開けて食べる。
これ食べるの、すごく怖いらしい(食あたり的な意味で)。
「俺はマゾか...」と呟きながら食べていたが、そこで「マゾ」という略称が世界共通だと知った。外国人はマゾヒストって言うと思ってた。貝の味自体は美味しいらしい。私も、この貝は大好きだ。

もち米とか野菜とか魚とかイサーン料理は手で食べても良いのだと教えたが、それはかなり抵抗が有るっぽかった。結局酔っ払って手で食べてたけど、ティッシュが無いのに両手使ったから悲惨なことに、バ、バカ...。

明日休みだから好きなだけ飲めるというステファンに付き合わされ、飲み過ぎて何話したかとか記憶無い。
私は36歳日本人女性というスペックにしては飲めるほうだと思うのだが、付いて行けなかった。

ともあれ、タイ屋台フードを食べられてとても嬉しそうだったので良かった。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-28 16:37 | バンコク滞在中日記

1月26日(木曜日)

昨日また一人になってから少し飲んでしまって、今日は二日酔いだった。

おかしいなあ。残る程飲んでないハズ。
その前に、少し凹みながら話しつつ飲んだからだろうか、酒って不思議だ。

夕方、またステファンとご飯に行くことになった。
今度行こうと約束していたBig mamaに行くことになったが、私は昨日行ったばっかりだ。
昨日パスタ食べないでおいて良かった...。


ここで食べるなら絶対ピザよりパスタ!

パスタはやっぱりとても美味しかった。「昨日のピザは何だったのだ?」と思うくらい。
ステファンもとても美味しいと言っていた。
幾つかのブログで「料理人が替わったのか味が落ちた」と言う様な事が書かれていたが、私には判らなかった。
...また替わったのかな?

a0036513_2241317.jpg
パスタは、土鍋みたいなのに入っててピザの生地が薄い蓋になってる。
持って来た店員さんが、テーブルの上でナイフで切って、カップラーメンの蓋のようにペロッと開けてくれる。

私が飲んでるのは、レモンミントシェイク。
これ、かなり酸っぱい。

a0036513_2395297.jpg
ステファンは私が超薦めたカルボナーラ、私はアンチョビのパスタにした。

見た目で美味しさ伝わりにくいけど、美味しかった!!パスタに弾力が有って、それが適度に濃い目の味と合ってる。ピザ生地の表のパリッと感と内側のもっちりした感じも良い。
ピザ生地をより楽しむなら、カルボナーラ(店のイチオシメニュー)がやっぱり相性良いのかもしれない。

お店を何時から開けているのかは知らないが、5時40分に着いた私たちは最初の一組だった。
ガラガラだったのが6時45分を境に一気に混み出して、7時までの15分で結構な数あるテーブルが満席に。
6時半過ぎに行くなら予約が必要そうだ。

私たちの次に来たのは日本人の駐在員奥様風3~4人組だった。
その人たちには何もしていないが、私は昔から女性のグループが苦手で、緊張してしまいフリーズ。
しかしステファンは私が黙っててもずっと喋っている。どうして相槌くらいしか返ってこなくても喋り続けられるのか不思議だ。

タイの先生の体罰にドン引きしてるという話をずっとしていた。
先の割れた竹の棒でフルパワーで叩くとか、職員室にいる先生全員(外国人除く)が順番で一人の生徒をそれで叩くとか、確かに若干過剰なんだけど、日本の30~40年前なんてそんなもんじゃなかったようなw
思うに、ステファンは絶対先生に目を付けられるタイプだったハズだから、叩かれる生徒のことが他人事に思えないんだと思う。

あと、女子生徒に気に入られた時の事も話してた。好きだと言われたらどう返すのか聞いたら、そういう時はアイラブユートゥーと言うと言ってた、うわ大丈夫なのかそれ。でも上手い交わし方だと言えば上手いような。

その後、混み合って来ると共に周りが気にならなくなってリラックス。
テーブルに置いてあった数色の細いクレヨン(今までお香だと思ってた)でわら半紙みたいなランチョンマットに一人で落書きしてた。
結局、ステファンは勝手に喋り続けていて私は延々と落書きしてたので今日はあまり会話はしていない。

+++

その後、家に着いたらiPhoneを店に置いて来たと気づいた。
店に電話したが、「英語分かりません」と言われてしまった。ここタイだもんなー、ってしかしアソーク駅(最も外国人の多いエリアのひとつ)から5分で客の半分くらいが外国人の店で何故...。
電話を他の人に代わってもくれないので、諦めて直接店に行くことに。

タクシーの中で、「iPhone店に忘れたあ」とステファンに電話したら、「帰るときちゃんとバッグに入れてたw」と言われた。
ええっ、なんだそのグッドニュース。と思ってもう一度よく見たら有った。
タクシーに止まってもらって、てくてく歩いて帰った。

何が言いたいかと言うと、この店はおススメだけど電話しても英語が通じない場合が有るから、予約の電話は余裕を持ってが良いかもーと言うこと。

Big mama
住所:139 Asok Soi1, Sukhumvit soi21, Khrongtoey-nua, wattana, bangkok, 10110
(スクンヴィットのアソーク通りをまっすぐ5分ほど下り、Soi21-2で左に曲がったらすぐ左手。奥まってるけど分かり易い)
電話:02-259-0232
[PR]
by gisouchir | 2012-01-27 04:27 | バンコクレストラン情報含日記

1月25日(水曜日)

乾季には珍しいはずの大雨が、午前中から日が暮れ始める頃まで降っていた。

雨足も風も強かったので「台風でも近いのかな」と、不思議に思いながら久々の雨を満喫。

a0036513_20351559.jpg
見慣れた景色も違って見える。
右手に写ってるのが、新しく出来たターミナル21(デパート)。

ここは外国人に好まれる観光スポットであると同時に地元の人のデートスポットでもあり、在住者の便利ショップでもある。施設自体も面白いがそういう意味でも面白い存在。
「タイまで旅行に来てデパート行かなくていいジャン」というのが私の感覚だけど、ここはちょっとお勧めかも。

a0036513_20395927.jpg
アソーク駅から徒歩5分ほどに在る、Big mamaという店に行ってきた。

前回シュウさんに教えてもらったお店で、パスタがとても美味しかった。
昨日ステファンとチャットしてる時に不意に思い出して「今度行こう」と言ったが、すぐ食べたくなって我慢出来なかったから一人で行った。

a0036513_20565930.jpg
こんなに可愛い店だったっけ。
前回来たときはシュウさんと二人で会うのが初めてだったので、緊張していて背景とか覚えてなかった。

a0036513_20584486.jpg
Big mamaピザ。
普通の美味しさ。

ピザの美味しさが普通なのは前回も食べて判っていたのだが、今日はとにかくチーズが食べたかった。なので満足。
そして昨日パスタ食べに行こうと約束したばかりなので、さすがに一人でそれ食べたら悪いかと思ったという中途半端な遠慮も。

このお店はバンコクで人気が有って情報が多かったので、色々なブログの記事を拾い読みしたが値段がガンガン上がってるっぽい。

その点は、お店だけが悪いのではなく、本当にタイの物価上昇が激しいからだと思う。
ただそれにしてもちょっとスピード、はやくね?少し古い記事で240バーツ、最近の記事で280バーツと書かれていたこのピザも、今日行ったら285バーツになっていた。
(私は、同じような値段ならピザはSoi22のViva vinoのほうが美味しかったと思う。どちらも釜焼き)

あとこのお店、接客が全然ちゃんとしてない(人が居た)のに、伝票の表面に「この会計はチップ抜きの価格です!」って太字で書いてあるのでなんかヤだった。

でもパスタが美味しすぎたので、また行きたい。複雑。

Big mama
住所:139 Asok Soi1, Sukhumvit soi21, Khrongtoey-nua, wattana, bangkok, 10110
(スクンヴィットのアソーク通りをまっすぐ5分ほど下り、Soi21-2で左に曲がったらすぐ左手。奥まってるけど分かり易い)
電話:02-259-0232

ついでに、
Viva vino。←もうちょい高いけど安定した美味しさとサービス。
住所:30 Sukhumvit Road , Soi 22 Klongtoey,Bangkok 10110
(ソイ22を入って300メートルほど。クイーンズパークホテルを右手に見て通り過ぎたらすぐの左手)
電話:2-261-0000

a0036513_21223331.jpg
久々の雨だったので、なんとなく楽しくなって市バスに乗ってみた。
バス停に路線図は無いので、行き先不明である。
バンコクは余り広く無いので、市内から出なければ迷子になってもなんとか帰ってこられるのだ。

a0036513_21244049.jpg
何処に行くのかなー。

a0036513_2127441.jpg
相変わらず味の在る車内。
意外と意外じゃない所に着いたので、適当に電車を探して帰宅。

a0036513_3185553.jpg
雨がやんで、きれいな夕焼けだった。

+++

夜、ステファンとフィンチャーの『ドラゴンタトゥーの女』を観に行った。
ミステリー要素の有る物なんて観ても絶対分からないと思ってたのに、初めて英語の映画が60パーセント越えな感覚で理解できた。
そして少なくても、分かる範囲で面白かった。

最近観た、『アンダー・ワールド アウェイクニング』とか『ミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル』は、分かり易そうなのに殆ど分からなかった...。
この分かり難さの差はどうして出て来るんだろう。

前回訪タイ時に観た、台詞数の極めて少ない『ライフ・オブ・ツリー』もホンットに殆ど分からなかった。
台詞が分からなくて観ても成立する映画かもしれないけど、余りに聞けなさ過ぎて逆切れしそうになった。

その後、路上でビール飲みながら映画についてとかなんだかんだ話して帰宅。

今日はお互い自国が色々大変だって話が多かった。
私はいまだにブログの日付とか書類書くとき、頭が未だそれでいっぱい過ぎて日付につい3月11日って書いちゃうことがよく有る。
東北が大変過ぎて、東京辺りの人は表立って「大変」って言えない。けど目に見えない放射能汚染とか今後の巨大地震とか4号機の倒壊を想像するとそれもとても怖い。
そういうストレスを全部聞いてもらった。話してる最中は悲しかったけど話し終わったらすっきりした。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-26 06:37 | バンコクレストラン情報含日記

1月24日(火曜日)

結局滞在を一ヶ月だけ延ばしたので、VISAの関係で出入国の必要が出てベトナム行きを手配した。
(バングラはベトナムより5000円くらい高かったので諦めた)

振込みは銀行を指定されたが、下調べが超苦手なので「トンローの銀行密集地帯に行けばあんだろ!」と思ってトンローまで行って来た。

25バーツの手数料(違う銀行)でATMから送金できるようで、特に難しいことはなかった。
調べる面倒臭さより歩くほうが楽しいので労力自体は構わない事なのだが、いざという時この情報収集力じゃ苦労するよなあ、と思う。

a0036513_932334.jpg
昨日から中国正月で、通りが華やか。
華僑系の商店などは、皆店先を赤と金で飾り立てている。ヤワラー(中国人街)辺りとかすごいだろうなあ。

a0036513_9405818.jpg
トンローの辺りも日本人が多く住んでるエリアで、小ざっぱりしてて小慣れたお洒落感の有るお店が多い。

a0036513_9424941.jpg
年中見られるプルメリア。甘い香りで、見かけると南国リゾートな気分になる。
今の時期は、桜色でツツジみたいな花を付ける高木もあちこちで見かける。

a0036513_9443084.jpg
屋台の100円ラーメン辛ーい、うまーい。

a0036513_9464790.jpg
青いパパイヤも美味しいけど、青いマンゴーも美味しい。
独特の爽やかな香りがして、リンゴのような甘酸っぱさ。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-25 09:53 | バンコク滞在中日記

1月23日(月曜日)

なんかゴチャゴチャやる事が多くて忙しくなってきた。

夕方はステファンと近所で茶飲み。
すっ飛ばしで、喋った事など箇条書きメモ。

■ステファンが小さいイラッとする事を幾つかしたので、段々腹が立ってきて「キィィ~」っと説明したら、
 "I'm sorry...チリモツモレバヤマトナル(後半ぐちゃぐちゃ気味)?”って最近覚えた日本語で言われた。
 使う所も微妙に違うんだけどw 笑ってしまって喧嘩不能に。
■カトリック的に自殺ってどうなのかっていう話になり。
 自殺はとりあえずヤバイけど、他人に殺させるとなると微妙、だそう。
 「自殺したら来世無いな」とか言ってたけど、え、来世ってカトリックの人が持ってる概念だっけ??
■ついでに2012年のマヤ暦の終わりの話になり。少し本気で震え上がった。
 両者とも全く信じてないんだが、こう災害が多いと信じようも無い物を信じそうにもなる。
■ゴッドマザーの意味を初めて知った。 親が死んでしまったりした場合の後見人の事だったんだ...。
 映画『ゴッドファーザー』も意味知らずに観てた。
■今度フィンチャーの『ドラゴンタトゥの女』を観に行くことになったが、仏語タイトルは英語に直訳すると
 "Men who hate women"らしい。ぜんぜんかぶらないんだなあ。

その他、スポーツに嵌り過ぎた女子がたまにエライコトになってるとか、前田愛はヤダとか相変わらずどうでも良い話題をあれこれ喋って終了ー。

a0036513_10544279.jpg
お土産に花もらった。
可愛いー!
オマケにこれ、ちゃんと棘が抜いてある、ありがたい。
[PR]
by gisouchir | 2012-01-24 10:55 | バンコク滞在中日記

1月22日(日曜日)

この間屋台で遭ったフランス人とそのガイドのタイ人から同じタイミングで連絡が有った。

タイ人の男の人(異性相手だと女の人もそうなんだろうか)は友達という距離感が余り無くて、すぐ手繋ごうとしたりするので二人で会うのを止めてたのだが、そのタイ人はスムーズに英語を喋るしちょっと堅そうだったので「タイ人の友達欲しいなあ」と思ってタイ人のほうと遊んだ。

...が、やっぱり同じだった。
(ただこの人は手が速い事を除けば好ましい人だ、気も合う)

そしてひとつ学んだ。
タイ人の男の人は何故かやたら映画に行きたがるが、それは「暗闇で手握ったりしますよ宣言」だ、と。

ポンは割と真面目なタイプなので3回くらい最後はキレ気味に「止めて」と言ったら止めたが、これがあの空気を全く読まないギターだったらと思うとゾッとする。

ギター(※1)もやたら「映画に行こう」と言っていたが、私はタイ語殆ど分からないし、ギターの英語力じゃ映画は無理だったハズ(私も大体半分も分からないが)なので断ったが、きっと違う意味でも正解だっただろう。

この日観た映画は『アンダーワールド/アウェイクニング』、そんな訳で落ち着かなかったけど映画は面白かった。
このシリーズ初めて観た。1~3作目も観たいなあ。
先日、ステファンとナタシャとジャンと観た"Darkest Hour"っていうのは泣く程酷かった。エイリアンモノ。

(※1)
カンボジアで知り合ったバンコクのタイ人。私はビザ取り、向こうは仕事で来てた。
この人は、車で「寝ていいよ」って言うから寝ようかと思って目つぶるとだんだん手を伸ばしてきて、目を開けるとサッと引っ込めるというコントみたいなことを繰り返しやらかしてくれた。
映画館と違って密室なぶんちょっと本気で怖かった。

そう言えばカオサンのTシャツ売りアンさんも、レストラン出た瞬間「うう、お腹が痛い、アパートすぐ近くなんだけど休んでもいい!?」とか言い出して、「いいけど一人で帰ってごめん」って言ったら、「治った」って言うコントを...。

あと、スプーンわんこそば(スプーンの上に食べ物を盛り付けられる→食べる→盛り付けられる)はタイ人の男の人みんなする。最初は衝撃だったけどもはや慣れた。
そして彼らのアイラブユーの重さはティッシュ1枚分くらいだ。

a0036513_1375578.jpg
連れてってもらったタイ料理屋さんは驚くほど美味しかった。
トムヤムクンがこんなに美味しいとは知らなかった。
今まで3回飲んだけど、すごく塩っぱくてまずい→意外と美味しい→すごく美味しい、に印象変化。当たり外れが大きいメニューなのだろうか。

a0036513_1421620.jpg
やたらに可愛いキャンペーンガールを見かけて写真を撮らせてもらった。
タイって女の子はホント可愛い子多い。そして可愛いのに気さく。ただ何故か男の子で美形だと思う人が全然居ない。

そう言えば昨日電車の中に、ピエールアンドジルの画から抜け出てきたみたいなゲイゲイしい雰囲気で、真っ黒な髪に真っ赤な唇(天然色)で真っ白い肌の男の人が居て、すごく綺麗だった。
ちょっと普通じゃない綺麗さだったので、正視出来なかったほど。

a0036513_1444352.jpg
ポンは結構好きだったので、「こんなじゃもう会えない」と思って少しがっかりしながら帰宅。

+++

a0036513_1454875.jpg
夜、お腹が空いてまたご飯。
豚足とゆで卵の煮込み。カイパロー。
八角の香りが強くして美味しい。独特の臭いと言いトロトロの食感と言い好みが分かれそうだけど、私は好き。
向かいの皿は他人のもの。タイの屋台の相席って結構近いから、よくおばちゃんとかに話しかけられる。

夜、またもやモタサイドライバーズと飲み。
a0036513_155892.jpg
写真撮りっこ。
a0036513_1553073.jpg
エッちゃん今晩も、楽しそうだなあ。
a0036513_1554731.jpg
帰るとき「シーユートゥモローナ!」って言ったけどもう天辺とっくに回ってた。
              ↑
語尾に「ナ」付けるのは、日本語だったら「ネ」みたいな感じ。
例えば道で躓くと、見知らぬ人から「ビーケアフルナ☆」って言われたりする。

これを付ければタイ語になると思ってる日本人を2回くらい見たことある。
両方年配のおじさんだったけど、「今日も暑いナ、俺明日からパタヤ行くナ、あの辺は渋滞無いかナ?」みたいにタイ人のネカフェ店員に話しかけててタイ人は困りつつ適当に相槌打ってたw
[PR]
by gisouchir | 2012-01-23 17:02 | バンコク滞在中日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite