左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月26日、27日、28日、29日

【26日】

フォンちゃん、ヌングちゃん、そしてヌングちゃんの旦那さんが、私の実家に遊びに来てくれた。

高幡不動にアジサイを観に行ったり、フォンちゃんとヌングちゃんに母親のフラメンコの衣装を着てもらって写真を撮ったり、母が作ったご馳走を食べたり、なんだかすんごく楽しかった。

ウチは父母私3人とも割と性格暗いからw、彼女たちが居ると家がほんとにパアッと明るくなるようだ。

結構衝撃を受けたのが、ヌングちゃんが旦那さんと居るときの態度のでかさ(笑)。
旦那さんに対してだけすごい強く出るというか、周りに対して「優位なのは私!」っていう振る舞いをすごくする。これタイ人女性の行動パターン?

たぶん二人で居るときはそうじゃないんだろうなーというのも見て取れるのだけど、そんなヌングちゃん初めて見たからびびったw


【27日】

夜、教会の英会話教室のパーティー。

「酒を飲まずにパーティーを乗り切る自信が無い!」と、二日酔いに鞭打って飲酒してからゴー。
信者の人々は酒を飲まないし、教会の中は当然禁酒なので若干後ろめたい感じ。

いつもお菓子を貰ったりするので、たまには何か持って行こうと、マドレーヌを焼いたら失敗した;
型にバター塗るの忘れたから、綺麗に抜けず、バラ型のはずがたこ焼き型にw

「パーティーって何するんだろう」と思ったら只のゲーム大会(一応英語で進行)であったが、それが結構楽しかった。
人って結構幾つになっても簡単なゲームとかで楽しめちゃうものなのね。


【28日】

英会話の友達のケンさんと、アメリカ人の先生3人と、近所のお寿司屋さんにご飯を食べに行った。
ケンさんがなんとも手際よくアレンジしてくれて楽しみにしていたのだけど、もう連日飲んで体がボロボロ。具合悪くて死ぬかと思った。

もう飲みたくないものの、迎え酒で具合の悪さを誤魔化すしかなくてまた飲む。
先生たち(宣教師としてボランティアに来てるバリバリの信者)に、「目の前で飲んでもよろしーでしょうかー」と訊いてすごい微妙な反応をされつつ、強引にビール。

いつも真顔なC先生がめっちゃ喋ってるわ、いつも超笑顔なC2先生がほとんど固まってるわという意外な側面が見られて面白かった。

が、迎え酒も余り効力を発揮せず、途中で諦めてお先に失礼することに。申し訳ない&残念~!

家に帰った頃、なぜか急に酒が回って元気になったらしく(ここからスパッと記憶が無い)、ステファンと1時間以上もスカイプで通話したらしいと翌日聞かされて知った。


【29日】

一日死んでた。
ほんっと死んでた。

旦那が撮影の日で助かった...。

夜、ようやく復活。
修さんがバイトの税金について電話で教えてくれ、そのあとチャットして明日ご飯食べに行く約束を。レバ刺しって話がいつの間にかピザにw

それからステファンとチャット。この人ほんとに楽しい人だけど何かと口ばっかだから、普段は適当にスルーしてるけど機嫌が悪いときはついイライラしてしまう。
それからフイというベトナムで知り合ったベトナム人ともチャットした。
ヨーイチ君とシゲさんからはラインとメッセが入ってて、みんな申し合わせたように暇な週末の夜だったんだろうか。
[PR]
by gisouchir | 2012-06-30 02:18 | 日記

6月23日、24日、25日

【23日】

つ、ついにフォンちゃんとヌングちゃんが我が家に来てくれた!

なんと旦那さんも。
タイでは、友達の友達などが「ドタ参」するのはとってもノーマルな事なのだけど、旦那さんは日本人だからさすがに想定してなかった。焦った。

しかし話してみると、これがすごく話し易い!
タイ人二人×日本人一人だと、どうしても話が上手く通じないことも有るんだけど、日本人がもう一人居てくるととても良い感じであった。

フォンちゃんたちは、私がタイでナムプリック・クンシアップという調味料を探していたのを覚えてくれていて、探し回った上に取り寄せまでしてお土産に持ってきてくれた(;o;)
タイの絵の付いたすごく可愛いノートも。荷物重くて大変だろうのに。

彼女らが我が家に居るのは、すごく不思議な感じだった。
そして、家がめちゃくちゃ明るくなる感じ。

ほんとにフツーの話しかしなかったんだけど、やっぱりタイ人の笑顔の明るさと肩の力の抜けた感じは一種の超能力。
楽しかった!

何故かあんまり写真が残ってないんだけど、もっと撮れば良かったな。


【24日】

がっつり二日酔いだった。

タイに行って以降、帰国してからも二日酔いの時にパニック発作を起こすことが無くなった。
神経性の症状ってそう簡単に治らないものだと思ってたけど、無理ではないらしい。

ただ体にはしっかりガタが来ていると思うので、ほどほどにしなければ。もう一ヶ月口角炎が治らない。ついでに歯茎も痛いし色々ヘン。

ちなみにこの前日、結局私一人でウォッカ(コンビニによく置いてある、四角いビンのやつ)2ビン空けてしまった。
これはちょっと、危ない。
ずっと「ビールしか飲まない」って決めてたのを「太るから」とウォッカに切り替えたものの、やっぱりそれは死ぬから止めようと思った。


【25日】

午前中は、一昨日のパーティー(?)の片づけを、今更のようにしていた。

また、イタリアの地理を調べたりしていた。
イタリアでの目的地となる都市はミラノなので、電車でフランスに出国してマルセイユまで行こうかと思い始めた。
ステファンからしばしば話を聞くものの、奇しくも意図的に情報を避けていた国フランス(※1)とあって、全く情景が目に浮かばないのだ。

この目でちょっと確かめてみたい。
彼自身が居て案内してくれれば一番助かるんだが、まだまだアジアに居るつもりらしい。

(※1)
「好きな人は好きな国ですよねー(棒)」と思っていた国が、まさにタイとフランスだった。他には、ジャマイカ辺りもそう。
ジャマイカにも、その内ご縁があるんだろうか。
タイで一回だけジャマイカ人と飲みに行ったけど、手足が長くてしかもブンブン動かすから、近くに居ると目が回る感じがした。という印象しか思い出せないが。


夕方、天気が回復したようだったので、バイト。
今日は慣れない場所に行ったせいか時間がかかったけど、なんだかチラシ配りは向いてるみたいで楽しくやってる。
今日なんて2時間かけて1250円だったけど、出来るだけ毎日やってイタリア行くんだ('A`)!


旦那がご飯を家で食べられると言うので、夕ご飯の準備。

フォンちゃんたちに作ったちらし寿司の材料が少しずつ余っていたから、それを使ってまたちらし寿司。
それから、鶏の唐揚げ、サラダ、おかひじきのお浸し、お味噌汁。

夕方からはやたらに忙しくて、「フルタイムで働いてる主婦ってどんだけ大変なんだ!?」と不思議になった。

夜、再出社する旦那と近所を小一時間散歩。
楽しい。が、しかし。
旦那と私が一緒に居る時はいつでも私が9割喋ってるから、日記に書くことが見付からない。
最近旦那とは「バスソルト(ドラッグのほう)こえええ」って話題で妙に盛り上がる。
[PR]
by gisouchir | 2012-06-25 15:59 | 日記

6月22日(金曜日)

毎日、バイトと家事しかしてない。

チラシのポスティングは、オリジナルマップ(笑)とルートを作って小走りで配るようになったので、前は自給に換算して500円分くらいだったのが、今は1000円分くらいにUPした。嬉しい。
一日の支払限度額が1250円だから稼げる仕事じゃないけど、月20日やればそれだって2万5千円、でかい。

チャットは2時間ほど10回くらいやって、7万以上になった。でもこれもう辞めたい。
やっぱ喋るだけで高額なお金貰うってなんかヘン。
「この話題に付いて行ける人、あんまり居ないだろうな」っていう話の時は自尊心を保ってるんだけど、「そうなんだー、すごいねー」とか言ってると、「これはオバサンがやってていい事じゃねえ!」と思って自己嫌悪に陥ってしまう。

-------

ここ数日、他になんかしたっけ。

あ、水曜日は英会話に行った。
何故か慣れた場所に行くことに緊張するタイプだから、少しだけ苦痛になってきた。
日本で英語発するってやっぱ無理有るし。
いつも教室に向かいながらステファンにスカイプ電話して、なんとか頭をスイッチさせて出て行ってる。

最近は教室で、ちょっと仲良く出来る人が出来たのがうれしい。
ケンさんという、英語の教科書に出てくる日本人のような名前の日本人だ。

帰り道、またステファンに電話して「私の英語が上達しないのはあんたが変な英語で私と話すからだ、友達になった人はどんどん上手くなってるのに!」と当たっていたら、その「友達」であるケンさんが後ろ歩いてた。

家がすごく近いので、今回も公園で缶ビール飲んで帰った(その人は信者ではないのでお酒飲める)。楽しかった。

この日は、夕焼けがすごく綺麗だったのも印象的。

-------

さかのぼって日曜日は、旦那とデートだった。

髪巻いてマニキュアしてニッパーに肉押し込んで張り切って待ち合わせ場所に行ったら、旦那が競馬新聞持って靴紐解けたまま立ってたので、軽く喧嘩を吹っかけてしまった。

銀座をブラブラして、「白ばら」というキャバレーの超昭和なレトロな外観に見入り、ピエトロドレッシングのアンテナショップに寄ってサラダを食べて、場外馬券場を見つけたので馬券を買ってみることに。
腹を立てたはずの競馬新聞が、まさかの大活躍。

もうメインレースは終わっていて、函館の12Rだけ参加。
私は100円で3点買った単勝のうちのひとつが当たり、プラマイでマイナス60円w
旦那は1000円で一点買った馬連が当たってプラス2千円ちょっと。
大して付かなくても、何かしら当たれば楽しい。

それから新宿へ移り、バーン・キラオというタイ料理屋へ。
ここは美味しい!
というか、まんまタイの食堂で食べる味。
容赦の無いスパイシーさは勿論のこと、カオニャオも日本人向けにふにゃふにゃになってなくて歯応えが有る。
トート・マン・クン(海老のすり身揚げ)だけは、さすがに繋ぎがちょっと多い印象だったけど、これは仕方あるまい。
価格もリーズナブルで、気持ちの良い活気が有るお店だった。

-------

現在は、フォンちゃんとヌングちゃんが日本に来てる!

そしておもっくそ想定内だったけど、今日ウチに来るはずの約束がスルーされた。
ドタキャンならぬ、スルーw

二日酔いを避けるために前日の飲みの誘いを断り、料理も煮物は昨日から準備していたというのに。
散らし寿司に乗せるために用意した錦糸卵とか鮮魚とか、腐っちゃうっつーの。バイトも行けなかったし。

タイではタイ人のこういう所には泣き寝入りしてたけど、ここは日本だぞー!

ただヌングちゃんは、嫁という立場で旦那さんとその家族の所に来ていて、向こうに都合を合わせないといけなかったり色々大変だろうから、まあ今回は仕方無いかと思うことにする。

夕刻からは旦那さんと連絡が取れるようになって、彼を介して連絡を取ってるから大分楽。
彼女たちは日本語上手だけど、文字は読めないし英語が分からないので、メールだとなかなか要領を得られないのだ。

明日来るって言ってるらしいんだけど、今度はほんとに来てくれるだろうなー。

-------

一行目に「バイトと家事しかしてない」って書いたけど、書き始めてみたら結構なんかしてた。
[PR]
by gisouchir | 2012-06-22 20:25 | 日記

6月16日(土曜日)

気づいたら一ヶ月以上も更新してなかった。
後で、撮りだめた写真だけは載せたいな。


最近は、まあまあ元気で(1年半前に比べたらスゲー元気)、チラシ配るバイトとかチャットするバイトを始めたりした。
色んな意味でもうちょっとマトモなバイトをしたいのだけど、対人恐怖がたまに酷かったり情緒の浮き沈みの激しさに問題が有って就けそうな職が思い当たらない。

英会話は使う機会が少なくてまた衰えてしまいつつも、細々と勉強は続けてる。

ちょっと先のこととしては、心身の調子が良ければ、やはりバンコクでの就職先を見つけて1年くらい一人で暮らしたいと思ってる。
旦那とは帰国してから仲良くやってるものの、私は地震が超怖い上に放射脳だし、日本の雰囲気の中だとどうしても心身の状態が不安定で緊張も激しくて、フルタイムでの仕事が出来そうもない。

それと同時に、将来もしも経済的に何か有って「情緒が~」とか言ってられないような状況になった場合、20台半ばから正社員としての就労経験が無いのはあまりに不安。
でも今もし一年間海外ででも就職経験が有れば、それは一種のキャリア(とまでは言えないけど)と経験になるんじゃないかとかも思ったり。

まあとりあえず8月半ばまでバンコクの空港が危なっかしいので、その辺の動きはいずれにしてもまだ少し先になるはず。

空港が危なっかしいというのは、今バンコクのスワンナプーム国際空港が工事中で滑走路が半分くらいになっちゃってるらしく。
着陸できずにウロウロ飛んでるうちに燃料が切れてドンムアン(国内線用の空港)に降りた事が有ったとか言ってるし...。
雨季の洪水でドンムアンも閉鎖されてたらどうなんのかと思うと、ただでさえ苦手な飛行機なので怖くて乗れない。

それと、友達が年末にイタリアで写真展に参加するかもしれないらしく、それが実現するならタイに行く前にそれを見届けに行きたいと思ってる。
その友達の写真展が国外で有る時は、応援とロシアンルーレット的に行き先が決まる面白さから、追っかけるのが恒例化している。
行けたら良いなあ。

というわけで、今はろくに出かけず節約し、暇を見つけてバイトをしては小金貯めてる毎日。
[PR]
by gisouchir | 2012-06-16 09:57 | 日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite