左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

1月31日(木曜日)

寝て起きたら世界が元に戻ってた。

憑き物が落ちたみたいにすっきりしている。
家事も、チラシ配りのバイトも普通以上に出来た。


鎌倉や南房など中距離の一人散歩で、美しい景色が観たくなった。

ひたすら海外に行くことに思いを馳せてケチケチ生活&バイトしていたが、別に遠いところに行く程良いものが有るわけじゃないし、行きたい時に行きたい所へ行くことも大事だろうな。

2012年の秋にタイから一時帰国したときは、日本の景色もいつ好きな場所が見られなくなるか分かったもんじゃないと思って、むしろそこら中をウロウロしたものだが...無意識に少し安心してるんだろうか。
地震と原発に関して、その頃から日本の状況は全然良くなってないと思うのだが。

---

昨夜はまだ少し欝っぽく、ステファンとのチャットで「幸せとは何か」みたいなことを一方的に延々と語っていた。
すると、私の独壇場に飽きたのか、おもむろに「哲学的な話は好きだ」と割って入ってきた。

日本じゃこれを哲学的ではなく、中二的というのだが...。
それはさて置き、「え、マジで(嘘つけ半分寝てたでしょ)?なんで?」と聞いてみると、「誰も正解見つけらんない話題だから、俺バカじゃなくて済むじゃん」ということだった。
バカなの気にしてたのか~。
そして、ナニゲに今までの哲学者の功労が無かった事にされててヒドイ。

---

友達が私に言う、
「(我慢キツかったら)飲んでいいよ」、
「出来るなら止めとけ」、
「絶対飲まないほうがいい」、
どれも優しいと感じる。

とにかく、「どんどん飲めよ~(そんな人友達に居ないが...)」以外は全部、優しい。
あでも、「どんどん飲もうよ」って、一緒に酔っ払える友達も好きだ。

今日も、最近飲んだ時の様子から心配して連絡してきてくれた人がいて有り難かった。様子がおかしかったと自覚してないので恥ずかしかったが。


ステファンのことは、言動やキャラクターがネタになり易く、且つ本人がブログを読む可能性がないため話題にすることが多い。
が、勿論他の人たちとのやり取りというのもあって、このところ低調なのがバレバレだったこともあってかそれらの中でもらった言葉に優しさを感じる事が多く、感謝している。

低調になる→言葉をかけてもらう→構ってもらって元気が出る、みたいな依存関係になりたくないと肩肘を張ってるところがある反面、今回はそういうのも素直に嬉しかった自分がいる。

それにはちょっと思い当たる理由があって、いつもの憂鬱にはハッキリした原因が思い当たらないが、今回はあったということ。
原因があってなんとか乗り切らないといけない場合、人からもらう言葉はそうでないときよりもエネルギー源になるらしい。

---

今日の峯岸みなみには、ぎょっとした。

AKBに特別な興味がない私からすると、これ観ても「芸能界ってえげつない世界なんだなー」という印象しか持てない。
それじゃあ国民的アイドルってベクトルと逆だ。コアなほうにでも方向性変えるつもりなのか。

---

夫がお風呂入りに帰ってきた。

今日、私はチラシ配りをしている時に、知らない人からいきなり怒鳴られるという目に遭った。
ポスティング中、その家と全然関係ない人にいきなり怒鳴られるの、もう二度目だ...。

一瞬気が動転するものの、意外とこういうことのダメージは軽い。
むしろ「他人に絡むほどストレス溜まってて気の毒」と、上から目線で達観する。

とは言えやはり普通の事ではないので、話を聞いて欲しくて夫に電話したりする。
だが、夫は「世の中キチガイ居るからな~」などと返してきた。夫は何かに付け、こんな感じである。

その事について、今日は私の気持ちを解説させてもらった。
多くの女の人は憂き目に遭った時、事態を小さく評価されたり正論でも反対のことを言われるのが嫌な生き物である。
すなわち、「気にしないほうがいいよ」とか「相手は悪気ないよ」とか言ってくれても、それじゃ返ってフラストレーションがたまるのだ。

「...だから、『うわあ、すごい大変だったねえ』とか、事態を過大評価して慰めて!そしたらすぐ落ち着くから!」と頼んだ。
納得してくれたけど、変わるかどうかはかなり「?」。
このへんの感覚、なんで男女でやたら違うんだろう。

---

さっき修さんから流れてきたツイートで観た動画がめちゃくちゃカッコ良かった。
David Bowie - Under Pressure(ニコニコ動画)
ところで、ゲイル・アン・ドロシーって、どこが苗字?
[PR]
by gisouchir | 2013-01-31 20:39 | 日記

1月30日(水曜日)

精神状態はついにレッドゾーンにまで落ち込み、チラシ配りのバイトにも行けなくなってしまった。
床に落ちてるゴミも気付いてるのに拾えず、普段表向きのことしか書いてないFBでまで弱音を吐いてしまう始末。

どうなることかと思ったが、しなきゃいけないことをひとつ無理にでも終えてみたら夜にはスッキリした。
スッキリしたらしたでやらなきゃいけないことが他にもあるが、だいぶ楽になった気がする。

ああ、しかし今日はシゲさんと約束してた飲みも断ってしまった。
身体は動くのに(T_T)
いやむしろ、頭が無駄に動いてるせいで体が動かないという感じもする。



だいぶマシになったかと思ったけど、やっぱりそうでもないのか。分からない。
疲れたもう色々考えたくない。

明日は有意義に過ごせるように~。
考えるの疲れたからもうただそう願って寝る。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-31 02:27 | 日記

1月29日(火曜日)

某友達が巻き込まれで事情聴取を受けることになったと聞いて、一緒に行きたいと言ったら断られた。

どんな遠い国にもその気になればいつか行けるだろうが、近くに有ってもおそらく踏み入ることが出来ないのは警察の奥のほうと刑務所だろう。
私は情緒不安定ではあるが、捕まるような事が出来るタマでは全然ない。

ただ夫とケンカした後に夫の事務所に行ってドアノブにヨーグルトを塗ってしまい、「警察呼ぼうかと思った!」と言われた事はある。
訴えられたら器物損壊だろうか?損壊しないように考えて、ペンキや汚物などではなくヨーグルトにしたのだが。



なんだかすっきりしない一日だった。
と言うか、去年の年末からずっとスッキリしていないのだが、最近はもう朝が来た事にがっかりして、夢の続きに戻ろうとしてしまう。
年末までは、タイに行って以降ずっと調子が良かったのに。



夜は、ステファンとチャットしていた。
ステファンの受けてるストレスって一般的なものと桁違いすぎて、同じストレスを私が受けたら即死すると思う。
でも彼はそれでもどっこい生きている。
すごいのか。鈍感なのか。



「『気を悪くさせたとしたらごめんなさい』とか『不快にさせたなら謝ります』って言葉をよく見るけど、それは『どこで齟齬が生じたのかじっくり考えを巡らす気はありません』って白旗あげてるのと同じと思う(後略)」

という瀧波ユカリという人の発信したツイートがリツイートされてきて、私が最近よく感じつつ言語化できなかったモヤモヤをピッタリ表現してくれてると思った。

ただ、これは不愉快に感じるかどうかが非常にケースバイケースの言葉で、優しさを感じる事もあれば自分が使うこともあるし、言う人の性格やあらゆる状況にだって相当左右される。
だから、この前提条件とツイッターの規定文字数で、同じことを感じた経験のない人にその人の受けた感じを伝えるのはそもそも厳しいだろうなとも思う。

それでも、「この人は私と似たような状況で、黙ってられないくらい嫌な思いをしてるんだな」と思えたら、一人で抱えてたつもりの荷が少し軽くなった感じがした。

付け加えるなら、個人的には謝るということは「二度と同じ事をしないつもりです」という意味を含んでると思ってるため、「~だったらごめんなさい」っていうのは、「何が悪いのか分からないのに謝って、また同じ事をする気なのかな?」と思ったり、もしくは「適当に免罪符的な台詞を言っとけば良いと思われてるんだな」と感じるから腹立たしかったりする。

まあ、私は所詮酔っ払いという人種なので、酒で失敗しては謝って許してもらいながら生きてるんだけど。
そういう時は、一回一回本気でうなだれて反省してはいるものの...。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-30 15:21 | 日記

1月28日(月曜日)

ロマンとランチを食べに行ってきた。

奇しくも、初遭遇した日と同じく雪が降った。
チャリで来ると言ってたので、「近所とは言え大丈夫か?」と思っていたが、待ち合わせのマクドナルドに「チカッカッター」と片言の日本語で言いながら現われた。15分ほど遅れてますけど。

ちなみに、フランス人はマクドナルドをマクドと言う。

近くの庶民的な定食屋へ入った。
色々な種類の定食があるのだが、メニューの内容を全て説明してあげないとならない事に気づく。
下町風の接客をする定食屋の店員が、早く注文しろと急かしにくる。ロマンビビる。

説明の結果、肉じゃが定食が良いと言う。
甘辛いアジアンな味付けは大丈夫なのかと心配になる。
しかし、ロマンは辛くないかを心配している。辛くないです。

肉じゃがが気に入ったらしく、手帳に「肉じゃが」と書いてくれと言われて書いた。

私はまだ一緒に食事するのはハードル高い。
「親が食べ物食べてるときよく叩いたから、慣れない人の前で物食べれないんだよー」っつったら、ロマンの親もそうだったという。

a0036513_1962380.jpg
だが、ロマンの場合はとても行儀よく食べると言う結果になったようだ。非常に丁寧に爪楊枝を使うのでおどろいた。


近くのカフェに移動して、ビール。
今度ジャズクラブに行きたいと言っていたのだが、私はジャズとかサッパリ分からないので、持ってきたラップトップで検索したりなんだり。
相変わらず、会話は日本語英語ハーフ&ハーフ。

ロマンは、私が調子に乗って必要以上に酒を飲もうとすると止めるから信用できる。
何となくボーっとしてるから緊張度も低いし、カナダに住んでたので英語も上手い。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-29 19:17 | 日記

1月26日(土曜日)

今週は、日曜デートが土曜日に移動。

ふらりとオペラシティに行って、定食食べてお喋りして帰ってきた。

a0036513_23471790.jpg
景色良いけど、こちらは八王子方面なので、余り面白い建物はない。

a0036513_23484574.jpg
夫より食べてるものが豪華だ;
なんか申し訳ないからエビ天あげた。
余り時間が無かったので、これだけでデート終わり。さみしい...。

その後、酒を飲んで美容院へ。
切られすぎた。ちょっと悲しい。

なんか仕事のことでモヤモヤ考えてすごくストレス。
チラシ配り楽しんでやってたのに、こんな将来性が無いことで満足してる場合じゃないのかなって思い始めたら楽しめなくなってる。

まあ書けないことが色々有って、なんかもうそこから来るストレスが重過ぎる。

酔ったら淋しくなって、夜ステファンとシゲさんに電話した。
今スカイプとかラインがあるから、何処に電話するにも電話代のことなど殆ど考えなくていいので助かる。

ステファンもシゲさんもいつも明るくてえらいなあ。とくにステファンは、明るくなれる理由が見当たらないのに明るいからすごい。

シゲさんに、「お洒落していくようなお店に飲みに行ってみたいよー」と言ったら、今度連れてってくれるという。やったー。


27日は一日をどぶに捨てた。
二日酔い。

a0036513_23505372.jpg
こんなポスターまだ貼れるのか。

a0036513_2352249.jpg
撮影してるの恥ずかしかった、でも普通はそんな風に読まないか。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-27 22:50 | デート日記

1月24日、25日(木、金曜日)

20~23日くらいまでガツンと低調に見舞われていたが、とりあえずここ最近は夫と仲が良いのでそれに救われてる。

24日も夫が帰るまでは結構ふさぎ込んでて、ツイッターで友達に構ってもらって気晴らしなどしていたが、その後一緒に過ごしてだいぶ落ち着いた気がする。

過ごすと言ってもただ家に居てくれるだけではあるが、喋りたいことを我慢しなくていいというだけでかなりのストレス解消になる。

今日も帰ってくるらしいから、一緒にDVDで映画観よー♪
ご飯は、ビーフシチューとコブサラダにした。今から坊ちゃんカボチャにツナとかタマネギ詰めてチーズ載せて加熱したのも作る。

...こう私が張り切ってるときに限って夫婦ゲンカするというジンクスがあるが...。
今んとこ夫に対してはストレス溜めてないから大丈夫だと思うが、チラシ配りしすぎてへとへとだ。今日は、起きて居られるかのほうが心配。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-25 17:39 | 日記

1月22日、23日

一回書いた日記消えた...。
もぉぉぉぉーーー!!

========

この2日間、どうもダラダラしている。
時間の使い方が下手。
しかも妙な時間に飲んだりしたから、酔ったままネットいじって微妙な言動が残ってるし。


最近、気がかりなことが幾つかあって、どうも調子が出ない。
中でも、正月ごろから返信しないままのメールがあることが一番気になっているが、いくら考えても正解と思える答えが見つからなくてどうしようも出来ない。

諸々の思考がループするばかりで一ヶ月も経ってて、いい加減どうにかしたいんだが。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-24 12:33 | 日記

1月19日、20日、21日(土~月曜日)

【19日】

ハンク、ハンクの奥さん、タンタンと飲みに行ってきた。

ハンクとハンクの奥さんがほとんどペアルックだった。幸せそう♡
思いのほか緊張して飲みすぎた。普段、私をレーコと呼ぶハンクがレイコさんと呼んだので、ちょっと悲しかった。私と親しい友達なことは隠さないといけないのか~(T_T)
でも会えて嬉しかった。この3人皆大好き。タンタンとはかなり久しぶりでもあったし。

帰り、途中まで一緒だったタンタンをマックに置いて帰ってきてしまい(理由が全く思い出せない)、しかも乗ったタクシーでタイ人のふりをしてバレるという訳の分からないことをしてしまった。

でも、運転手さんが優しい人で、しばらく笑って付き合ってくれてた。
そしてタンタンは翌日、「気にしなくて良いよ、また飲もうネ」って感じのことを言ってくれて、「ああ、なんと優しい人に囲まれているんだ!」と思った。

それにしても最近、どうも酒癖が悪いような...。



【20日】

夫と日曜デート。

なんでか分からんがラブラブである。
カフェでワインを飲んでから、安いチェーン店の焼肉屋でご飯を食べた。ラブラブなので、隣に座って食べた。
嬉しかった。

夫にまた英文法を教えてもらったが、「大袈裟に言ってるのかと思ったけど本当に勉強したこと無いんだね。受験どうやって通ったの?」と真顔で優しく言われてしまった。

そんな夫は、中高麻布で頭が良い。それが私の自慢でもある。
だから、私は頭良くなくていいんだよ...!


【21日】

また二日酔い。

ロマンとダラダラ携帯メールしていた。片言の日本語面白い。
「へえ」という言葉を教えたが、どうも使い方がおかしい。

彼は私の名前をたまにケイコと打ち間違えるのだが、最近ステファンも自分をケイコと名乗っている。
きっかけはプーペガールで彼が自身のプーペにケイコと名付けたことだが、最近はメールのサインにまでケイコと付けてくる始末。
フランス人にとって、ケイコって言い易いのだろうか。それとも誰かフランスにケイコっていう有名人がいるのか。

夜になって体調が良くなったので映画を観に行こうかという話になったが、やはり24時終わりだとロマンは電車が無いということで断念。

先週と全く同じ徹を踏んでる。

------

国際都市であるバンコクに行く前は、外国人の友達が出来るっていうのは自分にとって相当特殊なことだったと思う。

でもそれが普通のことだと思うようになり、更に「違う文化の人と交流するのって楽しい」と思うようになると、そう思っていること自体が雰囲気に出るらしく、知り合う機会も増える。

これはなかなか楽しい変化で、もっと勉強して違う文化のことを知りたい。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-21 20:46 | お出かけ、イベント日記

1月18日(金曜日)

今の時期は物が売れるらしく、チラシの配布量の上限が一時的に2倍になったのでバイトし倒した。
翌日の分も繰り上げてやったから、普段の4倍。

お金貯めて、はやくまたどっか行きたい。

と言っても、チラシ配りじゃ年に一度くらいしか国外出られない。
その代わり、仕事自体がストレス解消になるし、バイト中は遊ばない時間になるから出費が減るし、体力も付く。

もはや私は、4時間休憩なしで歩いても疲れないという体を手に入れた。
自分の脚を、私をいろんなところにつれてってくれる乗り物のようにひ感じることがある。


今日も夫が帰ってきた。
なんだろう、この気が向いたら帰ってくる、みたいな人。
でも今は仲良い。理由は分からん。
仲が良いときは今だにニコニコして寄ってきてくれる夫だが、一緒に居ないときに私のことを思い出すことは無いらしい。

-----

私生活を晒すブログには、嬉しいことも悲しいことも怒ってることも面白いことも、割と極端なケースに限って大体何かしらの差し障りが生じて書けないもんだ。
日々の生活を、ほぼ正直にブログに書いてる人くらいしかピンと来ない感覚かもしれないが。

私の場合、自分が本気で目指してる未来のことも書けないことが多い。
それは温めてることに余り気軽に触れてほしくないから。

だから、ここには一番親しい人たちに話すより私の事を詳しく書いてるけど、私の全てを書いてるわけではまったく無いよ。

書かない部分は、適当に想像しても、またしなくても勿論好きにしてもらって構わない。
ただ、ブログの内容が全てだと思われて、現実の人間関係の中でリアクションされるのは場合によっては結構困る。

嘘はなくても話を伏せたり多少の印象操作はしてるし、このブログは極めて極めてリアルに近接した、バーチャルなんだよ。
誤解されるのも無理はないけど、それが伝わってない反応に頭を悩ますことが稀にある。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-20 11:46 | 日記

1月17日(木曜日)

夫と仲直りした。

喧嘩すると仕事に逃げて連絡絶つのやめて欲しいんだけど...。
まあいいや。
私も実際年末からずっと旦那と関係ない事でイライラしてるから、気付かずに当たってたような気もするし。

怒ってるより落ち込んでるより、イライラするってことほど時間の無駄って無いんだよな。
[PR]
by gisouchir | 2013-01-18 09:13 | 日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite