左脳日記

gisouchir.exblog.jp ブログトップ

4月6~8日(土~月曜日)

【6日】

病院へ、夫の病状を聞きに行く。

家を出るとき、ドアを開けたら目の前に70くらいのおじいさんが仰向けに倒れていた。びっくり。
ごく普通の感じの人で、顔色は青くもなく赤くもなく、きちんと呼吸はしている。
声をかけたが応答しない。膝をトントンと叩いても反応しない。

階下の入り口はオートロックでその人は隣人でもないので、まず何故どうやって入ったのかも不思議だ。
救急車を呼ぶか迷ったものの、お尻のポケットに新聞を突っ込んでいるので昼間からの酔っ払いのような気もする。が、ちゃんとジャケット着てる...。

判断付きかねて、不動産会社が近所なのでそちらにお願いすることに。
結局不動産屋さんが救急車を呼んだ。
いろんなことがあるものだ。


医者の説明によると、夫の症状の「原因は特に見つからない」ということなのだが、ここは本当に有名なヤブなのでかなり不安が残る。

夫は薬で症状が落ち着いたのか、なんとか喋れるようになっていた。
昨日までは声を出すと吐いてしまうような状態だったため話せなかったということだ。

3週間もほとんど食事が取れず点滴生活で、もともと55キロなかった体重が10キロも落ちてしまい目が落ち窪んでしまっている。
それでも、ひとまず退院はしてよいとのことで翌日退院することになった。


【7日】

夫の自宅療養&看病スタート。

結婚して11年、家の中だけで一日二人で過ごすのはおそらく初めてだ。
すごく落ち着かないw

とにかく何か食べて欲しくて、いろんな種類のお粥、かぼちゃのポタージュ、バナナミルクセーキなどをつくってみるが、何を食べてもちょっとだけ食べてしばらくすると吐いてしまう。

寝てるだけでも一日1000キロカロリーくらいは必要なので、全然足りてないはずだ。
心配...。


【8日】

登録してた派遣会社に手違いでバイトを入れられてしまい、条件が悪くなかったのでそのまま引き受けてしまった。

15日から一ヶ月間。10年以上ぶりのフルタイム。
嫌でもないが、あまり乗り気でもない。
と言うか、私にできるのだろうか。

チラシ配りはそのまま続ける。


夫は午後から、少し動けるようになったと言って会社へ行った。
頭狂ってる!!
朝ごはんもお粥とスープを三口くらいずつしか食べてないのに。

正直、夫が居ると自分のことは何もできず戸惑うが、さすがにこの状態で会社に行くのは正気の沙汰じゃないので止めろと言ったが...まあ聞く人じゃないのだ。
(そして、今その隙にブログを書いているところ)
[PR]
by gisouchir | 2013-04-08 14:04 | 日記

写真サイトのコンテンツ、写真日記です。


by gisouchir
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite